三代目JSB今市隆二&登坂広臣、ソロで単独アリーナツアー開催 ファンの反応は?

三代目JSB今市隆二&登坂広臣、ソロで単独アリーナツアー開催 ファンの反応は?

今市隆二、登坂広臣(提供写真)

【今市隆二・登坂広臣/モデルプレス=4月17日】三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカル今市隆二と登坂広臣が、初の単独ソロツアーを開催することが17日、わかった。異例の試みということもあり、ファンから大きな反響が続々と寄せられている。

◆今市隆二&登坂広臣、ソロで20万人規模のツアー開催

本ツアーは全国のアリーナで8月から開催され、今市、登坂ともに20万人動員規模のツアーとなる見込み。日程や会場の詳細は追って発表される。

これを受け、ファンからは「今市隆二くん、登坂広臣くんおめでとう!」「単独アリーナツアーとかすごすぎる!絶対に行きたい!!!」「臣隆ソロツアー?!最高すぎる両方行きたい」「ライブ三昧だあああ!」などと歓喜の声が殺到している。

◆今市隆二&登坂広臣、ソロ活動を本格始動

今市は2018年に入りソロ活動を本格始動し、1月から4ヵ月連続で配信限定デジタルシングルをリリースするなど精力的に活動。登坂も、世界的に活躍するプロデューサー・Afrojackによる楽曲プロデュースのもと、2017年にソロ活動を始動。

ともに、6月に発売される三代目J Soul Brothersのニューアルバム「FUTURE」では、自身初となるソロアルバムが収録されることも決定している。

今市は、モデルプレスのインタビューで登坂について「運命の人」と表現。「それぞれソロ活動が始まって、これまでとは違う感覚で話せるんじゃないかなと思うんです。単純に会えない時間が増えたっていうのもあるし、年齢も重ねて感覚も変わっただろうし、飲みに行きたいですね」と語っていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)