ケンダル・ジェンナー、“乳首丸見えドレス”にカンヌ騒然「フリー・ザ・ニップル」の理由が深い<第71回カンヌ国際映画祭>

ケンダル・ジェンナー、“乳首丸見えドレス”にカンヌ騒然「フリー・ザ・ニップル」の理由が深い<第71回カンヌ国際映画祭>

ケンダル・ジェンナー(左:「ショパール」パーティーにて、右:「ガールズ・オブ・ザ・サン」上映会にて)/photo:Getty Images

【ケンダル・ジェンナー/モデルプレス=5月16日】フランス・カンヌで開催中の「第71回カンヌ国際映画祭」にて、米モデルのケンダル・ジェンナーが乳首が丸見えとなったドレス姿を披露し話題を集めている。

◆ケンダル・ジェンナー、堂々“乳首見せ”でカンヌ降臨

ケンダルは11日(現地時間)、同映画祭のトロフィーを手がけることでも知られる「ショパール(Chopard)」のパーティーに出席。全身シースルーのミニドレスで登場し、美ボディを堂々と開放した。ブラは付けず、乳首は丸見え。ヌード風のショーツは身につけているが、まるで裸に布を巻いたかのような妖艶さでスーパーモデルの貫禄を見せた。

また12日には、メイン会場のレッドカーペットにも“乳首丸見え”のドレスで降臨。フランスの女性監督エバ・ユッソン作の「ガールズ・オブ・ザ・サン」の上映会に参加したケンダルは、真っ白なシースルーのロングドレスで登場した。

胸元を覆う薄いチュール地から、美しいバストを大胆披露。下半身はやはりヌード風ショーツが下から透けており、圧巻の美脚もあらわに。SEXYすぎる姿でレッドカーペットを騒然とさせた。

◆ケンダル・ジェンナー、“乳首見せ”貫く理由とは

ケンダルはこれまでコレクションやパーティーだけでなく、普段の私服でも“乳首見せ”や“ブラレス”のスタイルを披露。その堂々とした姿勢はフェミニスト団体「フリー・ザ・ニップル(乳首解放運動)」の支持者としてのプライドを感じさせる。

「フリー・ザ・ニップル」は、“どうして女性だけが乳首を出してはいけないのか”と男女平等を訴える活動で、SNS上でのハッシュタグ「#FreeTheNipple」もトレンドに。ケンダルの異父姉妹キム・カーダシアンや、歌手のリアーナ、レディー・ガガ、マイリー・サイラスら大物たちも乳首を開放しており、ケンダルはセレブの間で流行しているこのスタイルのリーダー的存在となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)