Wanna One(ワナワン)、最後の活動へ

Wanna One(ワナワン)、最後の活動へ

Wanna One (C)モデルプレス

【Wanna One/モデルプレス=10月3日】韓国の11人組ボーイズグループ・Wanna One(ワナワン)が、11月19日に解散前最後のアルバムを発表することが報じられた。

Wanna Oneは韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」シーズン2で結成され、2017年8月にデビュー。以来アジアを中心に、常に爆発的な人気を誇っている。

もともと2018年12月末までのプロジェクトグループとして活動しているWanna One。報道によれば現在活動期間の延長も検討されているが、それが実現しない場合、今回のアルバムが予定された最後の活動となるという。

◆アジアで爆発的人気「Wanna One」

韓国で社会現象にもなったオーディション番組「PRODUCE 101」シーズン2を通じて、総勢101人から視聴者による人気投票で選ばれたオン・ソンウ、イ・デフィ、カン・ダニエル、パク・ジフン、ハ・ソンウン、ライ・グァンリン、ファン・ミンヒョン、キム・ジェファン、パク・ウジン、ペ・ジンヨン、ユン・ジソンの11人で結成。グループ名には「メンバーとファンがひとつになる」という意味が込められている。

デビューステージとして韓国唯一のドーム球場である高尺スカイドームで公演を行うという異例さで注目を集め、デビュー曲「Energetic」は韓国の音楽番組で軒並み1位を獲得。2017年の各音楽授賞式では、同年の新人賞を総なめにした。

以後楽曲を発表する度に主要チャートで1位を獲得し、またバラエティ番組やテレビコマーシャルでも数多く活躍。韓国のメディアでその姿を目にしない日は無いほどの人気を誇っている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)