間宮祥太朗、噛んだ志尊淳をすかさずフォロー 体をさすり「怖くないよ」<ハケン占い師アタル>

間宮祥太朗、噛んだ志尊淳をすかさずフォロー 体をさすり「怖くないよ」<ハケン占い師アタル>

志尊淳、間宮祥太朗 (C)モデルプレス

【間宮祥太朗・志尊淳/モデルプレス=1月11日】俳優の間宮祥太朗と志尊淳が11日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた新ドラマ『ハケン占い師アタル』(毎週木曜よる9時※1月17日スタート)の制作発表記者会見に主演の杉咲花をはじめ、小澤征悦、志田未来、野波麻帆、板谷由夏、若村麻由美、及川光博らとともに登壇した。

◆噛んでも可愛い志尊淳 間宮祥太朗すかさず駆け寄る

今作は、杉咲演じる主人公・的場中(まとば・あたる)=アタルが、目を合わせた相手の内面や原風景が見えるという特殊能力を駆使し、周囲の人たちが抱える悩みを根本から解決するお仕事コメディードラマ。間宮が演じる目黒円(めぐろ・まどか)は、舞台となるイベント会社「シンシアイベンツ」の社員で、坊っちゃん育ちのコネ入社という役どころ。

円という名前から「丸いものが大好き」という設定があるそうで、ヘアスタイルも丸くセットされており「今日の朝も散髪して、丸く仕上げております」とアピール。さらに、「初日の段取りで地声が大きい人にしてくださいと言われたので、そればっかりが目立っています」と様々なキャラクター設定があることを明かした。

また、同じく「シンシアイベンツ」の社員である品川一真(しながわ・かずま) 役の志尊は、自身の役柄について「新入社員なんですけれども、自分が思い描いていた社会というものと、実際の社会に差異を感じ、色んなものに抑圧されながらも悩みもがき苦しむ役柄となっております」と説明。

「最近はゆとり世代とか、若いやつは覇気がないとか、色んなことを最初に言われることが多い世代ではありますが、この世代にもちゃんと思っていることがあって伝えたいことがあるってことをしっかりメッセージとして発信でき…して…」と続けるも、最後に少し噛んでしまい、小澤からは「大丈夫か?」と優しい一言が。そして、間宮もすぐに志尊のもとへ駆け寄り「怖くないよ」と体をさすりながらフォロー。映画『帝一の國』(2017年公開)でも共演経験のある、間宮&志尊のやりとりに会場は笑いに包まれた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)