今日子(吉岡里帆)にピンチ 吉崎(桐谷健太)に星名(向井理)の魔の手忍び寄る…「きみが心に棲みついた」<第5話あらすじ>

今日子(吉岡里帆)にピンチ 吉崎(桐谷健太)に星名(向井理)の魔の手忍び寄る…「きみが心に棲みついた」<第5話あらすじ>

桐谷健太、吉岡里帆/「きみが心に棲みついた」第5話より(C)TBS

【きみが心に棲みついた/モデルプレス=2月13日】女優の吉岡里帆が主演を務めるTBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜よる10時〜)の第5話が13日、放送される。

◆複雑な三角関係を描く「きみが心に棲みついた」

原作は若い女性たちから高い支持を得ている女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)。吉岡演じる自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子=通称:キョドコが、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動く様を描いていく。

吉岡のほか、マンガ編集者・吉崎幸次郎役を桐谷健太、キョドコの大学時代の先輩・星名漣役を向井理が演じる。

◆第5話あらすじ

今日子(吉岡里帆)への攻撃を吉崎(桐谷健太)に邪魔され、不愉快な星名(向井理)。

「吉崎の化けの皮を剥がしてやるよ」という星名の言葉に今日子は青ざめる。

吉崎に迷惑がかかることを恐れる今日子は、吉崎からのメールに驚愕する。メールには、吉崎が星名とバーで一緒にいる写真が添付されていたのだ。

しかも、一緒にバーベキューに行く予定だという。慌てた今日子は吉崎を星名から守るため、自身も堀田(瀬戸朝香)たちを誘って参加することを決める。

一方、今日子の様子に違和感を抱いていた堀田と八木(鈴木紗理奈)は、今日子のトラウマの元凶である大学時代の先輩が星名であることを突き止めていた。

週末、様々な思惑を抱いたメンバーが集うバーベキューがいよいよ始まった。

さらに、今日子にとっては嬉しくない大学時代の知り合いが次々と現れ…。

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)