『着飾る恋には理由があって』乃木坂46・山下美月、高橋文哉の出演決定

『着飾る恋には理由があって』乃木坂46・山下美月、高橋文哉の出演決定

ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出演する乃木坂46・山下美月、高橋文哉(C)TBS

女優の川口春奈が主演し、俳優の横浜流星と共演するドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系/毎週火曜22時)の初回放送日が4月20日に決定。併せて、乃木坂46の山下美月と俳優の高橋文哉が出演することが発表された。2人は川口演じる主人公・真柴くるみの職場の後輩役を演じる。

 本作は、綺麗に着飾ることで自分の居場所を作っていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 インテリアメーカーの広報でインフルエンサーとしても活躍するくるみ役を演じる川口のほか、シンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿役で横浜が出演する。オリジナル脚本を手掛けるのは、昨年大ヒットしたドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS)の金子ありさ。

 乃木坂46の中心メンバーで、モデル・女優としても活躍する山下が演じるのは、 “着飾る女”くるみが勤務する「el Arco Iris」広報課で働く、くるみの良き後輩・茅野七海役。しっかり者だが、熱意や感情がオモテに出にくい低音女子という役どころだ。

 「台本を読ませていただき、自分とは遠い世界と思っていた『ルームシェア』という環境でしたが、思わずキュンキュンして楽しみながら読んでいました」と感想を明かした山下。「まだまだお家での時間が多い昨今ですが、皆さんに沢山のドキドキをお届けしますので、是非ご覧ください」とコメントした。

 高橋が演じる秋葉亮は、七海と同じくくるみの後輩で、七海に恋する半人前の新入社員。『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日)での好演も記憶に新しく、舞台、映画、テレビドラマと多方面で飛ぶ鳥を落とす勢いの高橋だが、プライム帯の連続ドラマは初出演となる。

 高橋は、「部署でも一番年下で、僕は三兄弟の末っ子なので、演じていて自分と重なる部分があると感じています」と語り、「ルームシェアメンバーのラブストーリー、オフィスを舞台にしたラブストーリーと、いろいろな楽しみ方が出来る作品ですので、様々な『キュン』をお届けして、幅広い世代の方々に楽しんでいただければと思います」とメッセージを寄せた。

 さらに、動画配信サービスParaviでは、山下主演の配信オリジナルストーリー『着飾らない恋には理由があって』の独占配信が決定。自分に自信がない主人公・七海が、仕事に、恋に、情熱を取り戻していく“じゅわキュン”ラブストーリーとなっており、地上波本編のレギュラー陣も出演予定で、誰がどのようなシチュエーションで登場するのか、本編との絡みにも注目だ。

 ドラマ『着飾る恋には理由があって』は、TBS系にて4月20日より毎週火曜22時放送。配信オリジナルストーリー『着飾らない恋には理由があって』は、Paraviにて初回放送終了後から独占配信。

<山下美月コメント>
台本を読ませていただき、自分とは遠い世界と思っていた「ルームシェア」という環境でしたが、思わずキュンキュンして楽しみながら読んでいました。私が演じる茅野七海は、仕事に熱い情熱を持ちながらも、なかなか表に感情が表れない“低温女子”な役柄です。普段から欠かさず見てきた火曜10時枠に自分が出演し、Paraviでアザーストーリーをお届けできるのもとてもうれしいです。まだまだお家での時間が多い昨今ですが、皆さんに沢山のドキドキをお届けしますので、是非ご覧ください。

<高橋文哉コメント>
新入社員の秋葉亮という役は、部署でも一番年下で、僕は三兄弟の末っ子なので演じていて自分と重なる部分があると感じています。“令和の新人”と呼ばれているので、先輩社員の方々との演技では距離感などを意識して演じています。ルームシェアメンバーのラブストーリー、オフィスを舞台にしたラブストーリーと、いろいろな楽しみ方が出来る作品ですので、様々な「キュン」をお届けして、幅広い世代の方々に楽しんでいただければと思います。

関連記事(外部サイト)

×