水卜麻美アナ&近藤春菜『スッキリ』卒業に涙ぐむ 加藤浩次のはなむけメッセージに感慨

水卜麻美アナ&近藤春菜『スッキリ』卒業に涙ぐむ 加藤浩次のはなむけメッセージに感慨

(左から)水卜麻美、近藤春菜 クランクイン!

日本テレビの水卜麻美アナウンサーと、タレントの近藤春菜が26日、MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系/毎週月曜〜金曜8時)を卒業。番組終盤に2人は涙ぐみながら視聴者に卒業の思いを伝えた。

 この日をもって番組を卒業する水卜アナと近藤。番組では今週、『スッキリ』を巣立つ2人に向けた特別企画が放送されていた。

 いよいよ卒業の時となる番組終盤、共に番組MCを務めた加藤浩次よりお別れのあいさつを求められた2人。5年にわたりレギュラーを務めた近藤は、慣れない情報番組のMCという大役に当初は戸惑いや逃げ出したくなる気持ちがあったことを告白。しかし、“チームスッキリ”のスタッフ、共演者の番組に対する真摯な思いに支えられここまで続けられたと感謝した。

 一方、29日からは『ZIP!』の総合司会に就任する水卜アナは、『スッキリ』にもらった愛や教えを今後の活動の支えとすると思いを新たにしていた。

 また加藤は近藤に対して「春菜を守っているつもりでいたが、実は春菜に守られていた」と語りかけ、水卜アナに対しては「ミトちゃんはいつも主語が『私が』ではなく『番組が』であるところがすごい」とその姿勢を称え、はなむけのメッセージを贈ると、2人は感慨深そうに笑顔を見せていた。

関連記事(外部サイト)