水卜麻美アナ、『ZIP!』総合司会で目標語る「お子さんの心に残るような取材ができたら」

水卜麻美アナ、『ZIP!』総合司会で目標語る「お子さんの心に残るような取材ができたら」

『ZIP!』総合司会の水卜麻美アナウンサー(C)日本テレビ

水卜麻美アナウンサーが29日、オンラインで開催された朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系/毎週月曜から金曜5時50分)リモート会見に出席。自身の夢だったという朝の情報番組の総合司会として、初回放送を終えた今の率直な思いを語った。

 放送直後、水卜は「なるべく緊張を視聴者の皆さまに伝えないようにと意識はしてましたが、どうだったかなと心配」と苦笑いしつつも、「自分の夢だった朝の番組の初日は人生で今日しかないので、それをなんとか終えられたことはうれしくもあるし、ホッとする気持ちが強いです。ただ始まりに過ぎないので、身が引き締まる気持ちです」と爽やかな笑み。

 初回オンエア前後には、先輩後輩から何十件と激励の連絡をもらったそうで「すごくありがたい」とニッコリ。前任の桝太一アナからは、10年前『ZIP!』初回前の桝アナに自身が送った「桝さんは本当にすごい人ですから大丈夫です。できますよ」と送ったメールがそのまま届いたそうで、「『今の水卜に伝えたい言葉になってる。今の水卜ならきっとできるよ』と言ってくれて。何よりうれしい言葉でしたね」と涙目になりつつ桝アナに感謝した。

 初の総合司会ということで、直近の日々は今まで番組で一緒だったMCの南原清隆や加藤浩次から学んだことを整理して「私ができるMC像を模索する日々でした」と振り返り、「理想はあったけど、今日立ってみると自分が引っ張るなんて最初からはできないなと。後輩で見えないところで助けてもらいました」と感謝。また、『ZIP!』の現場を「やることが1分1秒単位で決まっているので殺伐としているかと思っていましたが、思っていた100倍温かくて。笑顔があって、やっぱり好きな番組だと思いました」と満面の笑みで語った。

 水卜がアナウンサーを目指した原点は朝の情報番組だそうで、「小学生の時に家族で誰よりも早く起きて、アナウンサーの顔を見てた」と打ち明け、憧れのアナウンサーは朝の情報番組に出演していた小島奈津子だったとも告白。「憧れのお姉さんで、笑顔がステキで知的でこういう大人になりたかった。『ヒルナンデス!』時代にご一緒させていただいた時に、『私と雰囲気が似てる』と言ってくださってうれしかったです」とエピソードを披露。

 目標を聞かれると、「1対1で話せるコーナーをやりたい。朝はバタバタした時間ですが、力のある言葉を持つ人の一言は、短い時間でもぐっとくるはず。会いたい人がいっぱいいるので、じっくりお話をしたい。また、お子さんが学校で話せる話題や将来、心に残るような取材ができたら。変わらない笑顔で常に元気で明るい番組にしたい」と意気込んでいた。

『ZIP!』は日本テレビ系にて毎週月曜から金曜5時50分放送。

関連記事(外部サイト)