『ゾッキ』倖田來未&竹原ピストル、セクシー女優・川上奈々美ら “味”を深める豊かな出演者たち

『ゾッキ』倖田來未&竹原ピストル、セクシー女優・川上奈々美ら “味”を深める豊かな出演者たち

映画『ゾッキ』メイキング画像(C) 2020「ゾッキ」製作委員会

俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工の3人が監督を務めた映画『ゾッキ』より、倖田來未、竹原ピストル、志磨遼平、中村達也らアーティストたちや、セクシー女優の川上奈々美ら、本作の“味”を深める出演者たちの場面写真&メイキング画像が解禁された。

 本作は、ありふれた日常に巻き起こる、不思議な笑いに包まれたヒューマンコメディー。漫画家・大橋裕之の初期短編集『ゾッキA』『ゾッキB』の中から多数のエピソードを織り交ぜて構成し、脚本を舞台演出家・劇作家の倉持裕が書き上げた。竹中、山田、齊藤の共同制作により、大橋の生まれ故郷・愛知県蒲郡市でロケを行い、多彩なキャスト・音楽など、それぞれのこだわりや人脈を集結させて制作した。

 作品に欠かせない“味”を深める存在として目を引くのが、多く出演するアーティスト陣だ。全編にわたってアーティストが出演するのは竹中監督の演出パート。既に一部画像が解禁されている倖田來未、竹原ピストルに関しては、2人の並ぶ姿を映像に収めるのを竹中が切望したという。到着した画像の中では、父役の竹原ピストル、足立の女房役の倖田來未、そして竹中監督の3ショットが切り取られている。

 さらに、本作のサントラにも参加している志磨遼平(ドレスコーズ)は、夜にもかかわらず真っ黒な帽子を目深にかぶる怪しい姿を収めたメイキング画像が到着。そして、プロデューサーの川原氏いわく、竹中へ「どうしても出たい」と逆オファーをした中村達也は、手近なもので即席ドラムを打ち鳴らすレアなシーンが写し出された。

 これほどまでにアーティストの出演が多いのは、竹中監督のこだわりゆえ。自身の作品には必ずアーティストへ出演をオファーしているという。加えて、出演者たちの中には、セクシー女優として活躍する川上奈々美の姿も。中村達也の隣でベビーカーを側に置き、うっとりその演奏に聴き入る場面写真が公開された。

 映画『ゾッキ』は、愛知県蒲郡市にて先行公開中。同26日より愛知県にて先行公開(一部劇場を除く)。4月2日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

×