山田孝之、終盤の重要シーンで一日中号泣 盟友・佐藤二朗もビックリ

山田孝之、終盤の重要シーンで一日中号泣 盟友・佐藤二朗もビックリ

映画『はるヲうるひと』完成報告会見に登場した山田孝之 クランクイン!

俳優の山田孝之が28日、都内で実施された主演映画『はるヲうるひと』の完成報告会見に出席。本作にまつわるエピソードを語った。

 本作は、佐藤二朗主宰の演劇ユニット「ちからわざ」の人気舞台の映画化作品。架空の島の売春宿で暮らす三兄妹と、そこで働く4人の遊女を描く。佐藤が原作・脚本・監督をつとめた。
 
 イベントには山田と佐藤の他、坂井真紀、今藤洋子、笹野鈴々音も出席した。

 佐藤演じる哲雄の弟・得太役の山田は、当初関西弁だった役を演じるのが難しいと判断して出演を一度断ったものの、佐藤のはからいで得太が標準語の設定になり、出演することに。「(台本が)本としてめちゃくちゃ面白かった。得太がかわいそうで仕方なかったから、誰かが寄り添わなきゃと思ってやることにした」と話した。

 舞台版で得太を演じている佐藤は、そのコメントを聞いて「得太という役が孤独であまりにかわいそうだから、この役を引き受けたと。僕は『(山田の役に対する向き合い方などが)気が違ってるのか?』と思ったよ。バカじゃないかと。何言ってるんだと思ったけど、現場の孝之を知っている身としては、そういう気持ちでやったんだろうなと信じられる」と述べた。

 一方、架空の方言という難技を習得して撮影に臨んだ坂井について、手がけた佐藤本人が「すごいよね。おれが役者だったら覚えられない」と断言すると、思わずが山田が「無責任っ(笑)」と声をもらした。

 佐藤はまた、終盤の重要なシーンの撮影日に、山田が号泣していたと暴露。「ずっ〜と泣いてる。オレが近づけなかったくらいだから、スタッフはみんな近づけなかったと思う。(さまざまな作品で)孝之と共演しているけどそんな状態になったのは初めて。孝之が(撮影シーンの台本が)『何度読んでも震えます』とメールをくれたシーンで、その日は一日中泣いてた」と話すと、山田も撮影時を振り返って「今回の得太であのシーンになると、一度スイッチを切ってしまうと(同じ芝居は)絶対できないと思った」と説明していた。

 映画『はるヲうるひと』は6月4日より全国公開。

関連記事(外部サイト)