オードリー・ヘプバーンの伝記ドラマシリーズ始動 『グッド・ワイフ』脚本家が参加

オードリー・ヘプバーンの伝記ドラマシリーズ始動 『グッド・ワイフ』脚本家が参加

オードリー・ヘプバーンの伝記ドラマシリーズ始動 写真提供:AFLO

女優として、ファッションアイコンとして、また人道活動家として、今でも人々に愛され続けているオードリー・ヘプバーン。彼女を描くTVドラマシリーズ『Audrey(原題)』の制作が明らかになった。海外ドラマ『グッド・ワイフ』などで知られる、ジャクリーン・ホイトが脚本に参加するという。

 Varietyによると、オードリー・ヘプバーンの息子ルカ・ドッティと、ジャーナリストで作家のルイージ・スピノーラが共同で手掛けた文章を元に、ドラマシリーズ化されるという。

 2人は2015年に、伝記とレシピ本を合わせた著書『オードリー at Home ‐母の台所の思い出 レシピ、写真、家族のものがたり』を執筆している。その後もリサーチを重ね、特に若き日の彼女のについてより深くわかってきたという。詳細については明かされていないがドラマではこの部分に触れられるかもしれない。

 イタリアの製作会社Wildsideとドラマ『ヤング・ポープ 美しき異端児』等を手掛けたフリーマントルがプロデュースを行うという。

 オードリーは、そのエレガントな魅力で世界を虜にし、映画『麗しのサブリナ』『マイ・フェア・レディ』『ティファニーで朝食を』など、数々の主演作を残した。『ローマの休日』ではアカデミー主演女優賞を獲得している。後にユニセフ親善大使として人道活動も行った。20世紀を代表する女優であるにも関わらず、彼女の人生を取り上げる大規模な作品はこれまで制作されていなかったという。

 今回脚本を手掛けるジャクリーンは、これまで『CSI:科学捜査班』や『グッド・ワイフ』、ピーボディ賞を受賞した『LEFTOVERS/残された世界』などを担当。最新作は、ピューリッツァー賞受賞の小説「地下鉄道」を原作に、バリー・ジェンキンス監督が手掛けるドラマ『The Underground Railroad(原題)』がある。

関連記事(外部サイト)

×