高畑充希×タナダユキ『浜の朝日の嘘つきどもと』9.10公開決定 本予告&ポスター解禁

高畑充希×タナダユキ『浜の朝日の嘘つきどもと』9.10公開決定 本予告&ポスター解禁

映画『浜の朝日の嘘つきどもと』ポスタービジュアル(C)2021 映画『浜の朝日の嘘つきどもと』製作委員会

女優の高畑充希が主演する映画『浜の朝日の嘘つきどもと』が、9月10日より全国公開されることが決定。追加キャストとして竹原ピストルの出演が発表され、本予告とポスターが解禁された。

 本作は、福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台に、東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の茂木莉子(本名・浜野あさひ)が恩師との約束である「朝日座」再建のため、小さな“うそ”をついてでも映画館を守ろうと奮闘する物語。昨年10月に福島中央テレビ開局50周年記念作品として放送された同名ドラマの前日談となる。

 『百万円と苦虫女』『ロマンスドール』など多くの話題作を世に送りだして来たタナダユキ監督が、主演に初タッグとなる高畑を迎え、オリジナル脚本で挑んだ。

 高畑が、「朝日座」再建に奔走する主人公・浜野あさひを演じる。また、「朝日座」の支配人・森田保造役を落語家の柳家喬太郎、莉子の高校時代の恩師・田中茉莉子役を大久保佳代子が演じるほか、甲本雅裕、佐野弘樹、神尾佑、光石研、吉行和子と個性あふれる俳優陣が集結。ドラマ版で高畑とダブル主演した竹原ピストルの出演も決定した。

 本予告は、浜野あさひが田中茉莉子と病室で交わした「朝日座を立て直してほしい」という約束を守るため、福島県・南相馬の朝日座を訪れるところから始まる。しかし、閉館を決意し映画のフィルムを焼いている支配人・森田保造を目にしたあさひは、とっさに「茂木莉子」と偽名を名乗り、親戚の遺言で朝日座を立て直さなければならないと宣言。

 はじめは半信半疑で「映画じゃ、人は救えねえ」と諦め気味だった森田も、クラウドファンディングにビラ配りにと奔走するあさひの熱意に、徐々に心を動かされていく。その熱意のきっかけとなる茉莉子のほほ笑みと、「1人の迷える女の子をここまでの映画好きにできたんだから、上出来かな」というセリフが、先生と生徒の関係を越えたあさひと茉莉子の友情を物語っている。

 そのほか、莉子と森田のコミカルな掛け合い、『キッズ・リターン』(1996/北野武監督)をほうふつとさせる「バカヤロー! まだ始まっちゃいねーよ」というセリフや、相馬野馬追(そうまのまおい)の馬が道路を闊歩しながふんを落としていくカットなど、ユーモラスで魅力的なシーンが詰まった予告編となっている。

 ポスターに描かれているのは、朝日座の前で自転車にまたがり、こちらを見つめるあさひと、遠くを見つめたたずむ保造、茉莉子。「いらっしゃいませ、ようこそ映画館へ」というコピーの通り、朝日座がつないだ人々の縁や、映画への愛を感じさせるビジュアルに仕上がっている。

 映画『浜の朝日の嘘つきどもと』は、9月10日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

×