『あのときキスしておけば』第3話 “桃地”松坂桃李、“オジ巴”井浦新と銭湯で“混浴”

『あのときキスしておけば』第3話 “桃地”松坂桃李、“オジ巴”井浦新と銭湯で“混浴”

ドラマ『あのときキスしておけば』第3話場面写真(C)テレビ朝日

俳優の松坂桃李が主演を務め、俳優の井浦新と女優の麻生久美子が“二人一役”でヒロインを演じるドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)第3話が今夜放送。第3話では、桃地(松坂桃李)が自分のことを巴だと主張するおじさん=“おじ巴”(井浦新)に誘われて銭湯に。さらに、“おじ巴”には妻子がいて借金があった事実が明らかになる。

 本作は、恋愛ドラマの名手として知られる脚本家・大石静が手掛ける男女の入れ替わりラブコメディー。主人公・桃地のぞむ役を松坂が演じ、のぞむが大好きな漫画家・唯月巴役の麻生、巴と入れ替わる中年の清掃員の井浦が“二人一役”で共演。そのほか三浦翔平、岸本加世子、MEGUMI、猫背椿、六角慎司、阿南敦子、うらじぬの、そして窪塚洋介の息子・窪塚愛流らが出演する。

 桜の花びらが舞い散る中、号泣するおじさん=オジ巴の姿を目の当たりにしてしまった桃地。なぜだか自然と手が伸び、その頭をなでた後、このおじさんが巴(麻生久美子)である、ということを信じてみようと決意する。

 そして調子に乗ったオジ巴にいざなわれ、そのまま2人は銭湯へ。まだキスもしたこともないのに、混浴!? 裸を見てもよいものか、いや自分こそ見せてもよいものか…と悩んでいるうちに、オジ巴はさっさと服を脱ぎ始めてしまい…。

 その頃、桃地の勤務先「スーパーゆめはな」には、巴の元夫で「週刊少年マキシマム」の副編集長・高見沢春斗(三浦翔平)が現れる。巴の死後に『SEIKAの空』最新話の原稿がストレージにあがったことを不審に思い、桃地を問い詰めに来たのだ。

 高見沢は、オジ巴が「私が蟹釜ジョーなの!」と訴えるも、全く耳を貸そうとしない。それどころか、巴の自宅から愛用のタブレットがなくなっていることに気づき、「巴はどこかでまだ生きている」と編集部や上司が止めるのも聞かずに巴を見つけ出そうと飛び出して行く。

 自らの通夜以来、母親・妙(岸本加世子)のことが心配なオジ巴は、桃地に様子を見てくるように命令。しかし桃地は妙に「イタコ詐欺ではないか?」と疑われる羽目に…。そしてスーパーに買い物に来たオジ巴は、突如エグゼクティブ真二(六角慎司)に話しかけられ、なんとこの“おじさん(マサオ)”には妻子がいて、借金があったという事実を聞いてしまい…。謎に包まれていた“田中マサオ”の素性とは一体…!?

 ドラマ『あのときキスしておけば』第3話は、テレビ朝日系にて5月14日23時15分放送。

関連記事(外部サイト)

×