今夜放送『アラジン』 中村倫也「夢と魔法の冒険を楽しんで」

今夜放送『アラジン』 中村倫也「夢と魔法の冒険を楽しんで」

映画『アラジン』ポスタービジュアル(左)、アラジン役の中村倫也(右)(C) Disney Enterprises, Inc.、(C)文藝春秋

2019年の実写映画No.1ヒット作『アラジン』が、今夜5月21日21時から「金曜ロードショー」(日本テレビ系)にて本編ノーカットでテレビ初放送。主人公アラジンの声を演じる俳優の中村倫也は「テレビ初放送という事で、是非アラジンと共に、夢と魔法の冒険を楽しんでください。ご自宅のクッションを魔法の絨毯に見立てながら」とメッセージを寄せている。

 ディズニーの名作アニメ映画をガイ・リッチー監督が実写化した本作。ウィル・スミスが“ランプの魔人”ジーニーを演じている。音楽はアニメ版から引き続き、巨匠アラン・メンケンが手掛けた。

 貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、“3つの願い”をかなえることができる“ランプの魔人”ジーニー。果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのか?

 吹き替えは、アラジン役に中村、ジャスミン役にミュージカル女優の木下晴香、そしてジーニー役は山寺宏一。アラジンの敵となる邪悪な大臣ジャファー役は俳優の北村一輝が演じる。

 中村は「アラジンの声を演じるにあたり、彼の持つ生命力とコンプレックス、真っ直ぐな想いが声に乗るように意識しました」とした上、「普段の芝居と違い、ブースでウィル・スミスさんの英語と掛け合いをしながら収録していたのですが、途中山寺さんの吹き替えが入ったらこちらの芝居もみるみる変わり、頭から録り直してもらいました。ジーニーのように、山寺さんは偉大です」と感服。

 木下は「ジャスミンの声を演じるにあたり、王女として備わっている気高さや価値観は常に意識しました。そして、ジャスミンの持つ強さは"全ては愛する国や民のため"という愛と優しさが生んでいるんだという点も自分の中で特に大切に演じました」と振り返っている。

 映画『アラジン』は、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて今夜5月21日21時放送(本編ノーカット)。

関連記事(外部サイト)