倉科カナ、闇を抱える役柄に共感「どう踏みとどまるかなんです」

倉科カナ、闇を抱える役柄に共感「どう踏みとどまるかなんです」

映画『女たち』公開祈念プレミアムイベントに登場した倉科カナ クランクイン!

女優の篠原ゆき子と倉科カナが21日、都内で行われた映画『女たち』公開祈念プレミアムイベントに出席。倉科が、闇を抱える役柄に「誰しも共感するところがあるんじゃないかな」と語った。

 本作は、バブル崩壊後の就職氷河期に直面した女性が、亡くなった親友の遺した養蜂園を継ぎ、自立していく姿を描くヒューマンドラマ。この日のイベントでは、スペシャルMCをフリーアナウンサーの笠井信輔が務めた。

 主人公・美咲役の篠原は、オファー時の思いを聞かれると「とある他の現場でプロデューサーの奥山和由さんとご一緒させていただいた時に突然『篠原さんの主演映画撮ろうよ』って言ってくださったんです。うれしいけど真に受けないようにしようと思って『ありがとうございます』って信じてなかったんですけど、本当に進めてくださって。本当にゼロから参加するのは初めてのことでした」としみじみ。「こうやって公開間近になって、記者の方がいらっしゃっている光景が嘘みたい」と感慨深げに語った。

 美咲の親友・香織役の倉科は「倉科カナとしての表面的な表情じゃなくて、私だけしか知らないような自分の表情を香織ちゃんを通して出せるんじゃないかと、面白みを感じて引き受けさせていただきました」と告白。

 香織を演じるにあたって、長かった髪の毛をバッサリと切ったことについては「香織ちゃんという役柄が、女というものを憎んでいるような役柄でもあるんです。香織ちゃんが、朝起きて髪を結ぶとか、シャンプーした後にコンディショナーをするという生活をしているのが想像できなくて。髪の毛ひとつでもそういうニュアンスが出ると香織ちゃんじゃないと思った」と打ち明けた。

 篠原は撮影前、「倉科カナさんといえば天真爛漫な笑顔のイメージ。香織という闇を抱えた役と倉科カナさんが結びつかなかった」という。しかし「顔合わせでお会いした時に『この人闇あるかも』って」と感じたことを明かした。

 倉科は、香織について「誰しも共感するところがあるんじゃないかな」としたうえで、「自分自身の切り離せないやっかいさはすごくわかるし、昔の自分を見ている感覚。本当に香織ちゃんみたいにお酒ガーッて飲んで。本当に一歩踏み出せば飛び降りることだって出来るわけだから、これをどう踏みとどまるかなんですよ」と自身の過去と役柄を照らし合わせていた。

 映画『女たち』は6月1日より全国公開。

関連記事(外部サイト)