御年70歳のラジニカーントが超絶アクション 『ダルバール 復讐人』予告解禁

御年70歳のラジニカーントが超絶アクション 『ダルバール 復讐人』予告解禁

映画『ダルバール 復讐人』ポスタービジュアル

インド映画界のスーパースター、ラジニカーントが主演する映画『Darbar(原題)』が、邦題を『ダルバール 復讐(ふくしゅう)人』として、7月16日より新宿ピカデリーほかにて2週間限定で公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

 『ムトゥ 踊るマハラジャ』『ロボット』シリーズなどで知られるラジニカーントが本作で演じるのは、犯罪者を確実に逮捕する敏腕警察官でありながら、年頃の娘を溺愛している父親。本作が27年ぶりの警察官役となる。御年70歳のラジニカーントが、悪人相手に一対多勢の超絶アクションを繰り広げる。
 
 監督は、『サルカール 1票の革命』(2018)で知られるタミル語映画界のヒットメーカー、A.R.ムルカダース。他のキャストには『チャンドラムキ/踊る! アメリカ帰りのゴーストバスター』(2005)でラジニカーントとも共演したナヤン・ターラ、注目の若手女優ニヴェーダ・トーマスら。

 政府高官に手腕を見込まれ、ムンバイ市警察長官に就任したアーディティヤ・アルナーチャラム(ラジニカーント)。最愛の娘ヴァッリ(ニヴェーダ・トーマス)と共に赴任したが、ムンバイでは麻薬がはびこり、女性を誘拐し売春を強要させる事件が多発していた。州副首相の娘らも誘拐され、捜査にあたったアーディティヤは、この機に麻薬密売組織の壊滅を目指して徹底的に摘発。そのため組織の恨みを買い、娘と共に襲われる。大切な者を奪われたうえ犯人が特定できない状況に、怒りを爆発させたアーディティヤは、警察官としての正義を捨て、復讐人と化す―。

 ポスターでは、市民の安全と治安を守る正義感の強い警察官だったはずのアーディティヤが、一変して悪人に情け容赦のない復讐人へと変わってしまった様子を表現。警察官の制服で写っているものの、長剣を持つ彼の背後には無数の死体が。

 予告編では、ラジニカーント演じるアーディティヤが繰り広げる超絶アクションとカーチェイス、さらに軽快なダンスが映し出される。銃撃戦の中に飛び込み敵を倒し、猛スピードで突進してくる車にもひるまない、どこまでも突き進んでいく姿は圧巻だ。時たま繰り出すブラックなジョークはダークヒーローをほうふつとさせる。タイトルのダルバールは「裁判」という意味。怒れる父の復讐の裁きがいま、下される。

 映画『ダルバール 復讐人』は、7月16日より新宿ピカデリーほかにて2週間限定公開。

関連記事(外部サイト)