山崎賢人、姪からの“賢ちゃん”呼びに感動 「めっちゃかわいくてうれしくて」

山崎賢人、姪からの“賢ちゃん”呼びに感動 「めっちゃかわいくてうれしくて」

映画『夏への扉 −キミのいる未来へ−』公開記念イベントに登場した山崎賢人 クランクイン!

俳優の山崎賢人が6日、都内で行われた主演映画『夏への扉 −キミのいる未来へ−』公開記念イベントに、共演の清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督とともに出席。“サプライズ”な出来事を聞かれた山崎は、姪から“賢ちゃん”と呼ばれ喜んだことを明かした。

 本作は1956年に米国で発表されたロバート・A・ハインラインのタイムトラベル小説『夏への扉』の実写化作品。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語を描く。

 同作は、2月に予定されていた公開日が6月25日に延期。山崎は「延期になってしまったんですけど、『夏への扉』なので、今この6月に公開できるっていうのは逆に良かったんじゃないかと思える」としたうえで、「やっと公開できるんだなということでワクワクしています」と前向きにコメントした。

 また、山崎ふんする主人公・高倉宗一郎が目覚める30年後の世界で、宗一郎とともに過去に戻るロボットを演じる藤木は「おそらく人生で一度きりであろうロボット役」と苦笑。「賢人くんとバディ役ができるっていうのがオファーを受けた一番大きな要因」とも明かした。

 作品の展開にちなみ、最近周りで起こったサプライズを聞かれた場面では、山崎が「兄の子ども、姪が今2歳とかなんですけど、会うとずっと泣かれてたんですよね。でもこの間“賢ちゃん”って呼んでくれるようになってて、サプライズでした。めっちゃかわいくてうれしくて『賢ちゃん』だよって(笑)」と告白。

 藤木は「この間、娘が誕生日だったんですけれども、娘が帰ってくる前にサプライズで誕生日の飾り付けをしてあげようと思って風船を75個注文したんです。そしたら膨らんでない状態で届きまして、慌てて口で膨らませて(笑)。半日かかりました。でも娘が喜んでくれたのでやって良かったです」とプライベートを明かした。

 さらに夏菜は「私事で大変恐縮なんですが、結婚をさせていただいたんですけど、海でサプライズプロポーズをしてもらったんです。めちゃくちゃロマンチックで良い!って思ってたら、プロポーズの最中に17時のチャイムがなって。それが一番サプライズでした。涙と笑いとごちゃまぜになりながら(笑)。一生忘れないと思います」とプロポーズ時の出来事を振り返った。

 映画『夏への扉 −キミのいる未来へ−』は6月25日より全国公開。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

関連記事(外部サイト)