『桜の塔』最終話 “上條”玉木宏vs“千堂”椎名桔平、最後の対決 5年の全事件が明らかに

『桜の塔』最終話 “上條”玉木宏vs“千堂”椎名桔平、最後の対決 5年の全事件が明らかに

ドラマ『桜の塔』最終話場面写真(C)テレビ朝日

俳優の玉木宏が主演するドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)最終話が今夜放送。最終話では、上條漣(玉木宏)と千堂大善(椎名桔平)の最後の対決が始まり、5年の歳月を経て、これまでに起こった全事件の真相が明らかになる。

 次期警視総監の座を狙う副総監・千堂を失脚させると誓って5年。息をひそめ機会を狙い続けてきた上條は、新派閥「改革派」を立ち上げ、千堂にふたたび宣戦布告。そんな中、千堂を襲った元警察官で、漣の父親代わりでもあった刈谷銀次郎(橋本じゅん)を殺害した犯人に仕立て上げられ、廃校の屋上へ逃げ込んだ元銀行強盗犯・蒲生兼人(森崎ウィン)が、SATの狙撃をかわそうとして転落。意識不明の重体に陥る。

 そもそもは千堂が、蒲生を射殺して被疑者死亡で事件を終わらせようとしたのだろう…。そう確信した上條は、千堂に「また得意の妄想か」と一蹴されるも、「あなたを倒すため悪魔に魂を売った…。なぜ5年間も沈黙を続けたのか、その答えがもうすぐ明らかになる」と宣告する。

 私利私欲のために権力を求め、入庁以来“サッチョウ(警察庁)の悪魔”と呼ばれてきた千堂。そして、“本来あるべき警察の姿”を取り戻すために“サッチョウの悪魔”となった上條。2人の“最後の闘い”がついに始る。

 ところがその矢先、よもやの事態が起こる。秘密裏に刈谷殺しの捜査が行われる中、ある意外な人物が自首したのだ。混乱を極める警視庁。上條の幼なじみである警視庁捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)は、裏で上條が1枚噛んでいるのではないかと疑い、真実を解き明かすため、取り調べを開始する。

 5年の歳月を経て明かされる、上條が沈黙し続けた理由、そしてこれまでに起こった全事件の真相。最後に警視総監レースを制する人物とは一体…!?

 木曜ドラマ『桜の塔』最終話は、テレビ朝日系にて6月10日21時放送。

関連記事(外部サイト)