ドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画 驚がくの真実を描く『復讐者たち』予告解禁

ドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画 驚がくの真実を描く『復讐者たち』予告解禁

映画『復讐者たち』場面写真(C) 2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

知られざる史実を基に、ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる復讐(ふくしゅう)計画を描くサスペンス映画『復讐者たち』より、緊迫感あふれる諜報戦などを収めた予告映像が解禁された。

 本作は、これまで映画化されてこなかった知られざる史実を基に、ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる驚くべき復讐計画を描く衝撃のサスペンス。ヒトラーやナチス・ドイツを扱った映画はこれまでにも数多く作られてきたが、本作は初めて、被害者たちによる大規模な復讐計画を描き切っている。

 1945年、敗戦直後のドイツ。ホロコーストを生き延びたユダヤ人マックス(アウグスト・ディール)は、収容所で離ればなれになった妻子がナチスに殺された事実を知り、絶望のどん底に突き落とされた。復讐心を煮えたぎらせ、ナチス残党をひそかに処刑しているユダヤ旅団と行動を共にすることになったマックスは、より過激な報復活動をしていたユダヤ人組織“ナカム”に参加したことで、“プランA”と呼ばれる計画が進行中であることを知る。それは、ドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画だった…。

 監督のドロン・パズ、ヨアヴ・パズが自ら、復讐計画の生存者への取材を基に脚本を執筆。“プランA”の真相と組織間の情報戦、そして衝撃のクライマックスを実にリアルに描き出した。主人公マックスを演じるのは、テレンス・マリック監督作『名もなき生涯』(2020)での名演技が記憶に新しい実力派俳優アウグスト・ディール。埋めようのない喪失感と憎しみを内に秘めたマックスを体現する。

 予告映像は、主人公マックスが「奥さんと子どもを見た。弾が尽き、奴らはナイフを」とナチスに殺された妻子の最期の様子を聞く場面からスタート。復讐心に燃えるマックスは、ナチスの残党狩りの手伝いをしているうちに、より過激な報復活動を行う組織ナカム(ヘブライ語で復讐を意味する)に出会う。そして「戦争犯罪者だけでなく、民間人も殺す」という彼らに「手伝うよ」と言ってメンバーに加わる。

 「ドイツ人は私たちの悲鳴を聞いてたの」「目には目を」「600万人には600万人を」。映像の後半からは、ナカムのメンバーが、ドイツ国民600万人を標的にした“PLAN A”を実行しようと、ヒリつくような諜報戦を繰り広げる様子が展開。最後はマックスが「敵(かたき)を討つんだ」と決意の表情で語る姿で締めくくられている。

 本作について、監督は「ナチスに家族や600万人ものユダヤ人同胞を殺害されたことで、かつては人生を謳歌していた人々が、何百万人もの命を奪うことを願う人間に変わってしまったという事実を重点に描いた」とコメント。果たして、生きる目的を復讐にしか見出せないマックスがたどる運命は。そして“復讐者たち”がクライマックスに下す決断とはー。

 映画『復讐者たち』は7月23日より全国公開。

関連記事(外部サイト)