ラウール×吉川愛『ハニーレモンソーダ』、まるで本当の同級生!仲良し6人メイキング映像

ラウール×吉川愛『ハニーレモンソーダ』、まるで本当の同級生!仲良し6人メイキング映像

映画『ハニーレモンソーダ』本物の同級生のように仲良しな6人(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村?真優/集英社

Snow Manのラウールが主演し、女優の吉川愛がヒロインを演じる映画『ハニーレモンソーダ』より、劇中だけでなくリアルでも仲良しな6人組のメイキング映像が解禁された。

 村田真優による累計発行部数700万部突破の同名少女漫画を実写化する本作は、恋や友情に悩みながらも少しずつ変わっていく界と羽花、そして大切な友人たちの青春を描くラブストーリー。本作が映画単独初主演となるラウールが主人公の三浦界役、吉川がヒロイン・石森羽花役を演じる。

 基本塩対応だけど、本当は誰よりも優しい三浦界(ラウール)と、内気な自分から変わりたいと願う石森羽花(吉川)の甘酸っぱい恋愛を描いた本作は、二人が菅野芹奈(堀田真由)、高嶺友哉(濱田龍臣)、瀬戸悟(坂東龍汰)、遠藤あゆみ(岡本夏美)ら友人たちと過ごすキラキラした青春シーンも大きな見どころとなっている。

 作中ではもちろん、リアルでも非常に仲の良い6人は、撮影期間がとても楽しかったようで、普段はすごく人見知りをしてしまうというラウールも「みなさん本当にあったかくて、撮影現場に行くのが楽しみでした」と語るほど。そんな様子が、今回公開されたメイキング映像からも確認できる。

 まずは、撮影の合間、ジャンケンの勝者がアイスクリームを買いに行くという“男気ジャンケン”に挑戦する、ラウール、濱田、坂東、岡本の映像から。気合十分でジャンケンに挑むも、早出しをしたラウールに対して「早出しずるいよ!」とツッコむ岡本。息ぴったりの会話から、?瞬で仲の良さが伝わってくる。ジャンケンの結果は、岡本の勝ち。自らこの遊びを提案したにもかかわらず、買いに行くこととなった岡本へ、「自分で男気って言ったのに!」とラウールのツッコミが入り、ワイワイと笑い合う様子がなんとも楽しげでまぶしい映像となっている。

 続いて、6人が教室で自撮りをする場面。写真が趣味という坂東が自撮り棒を使って撮影係を担当し、みんなにテキパキと指示を出してベストアングルを探す。動画の撮影では「間も無く(撮影が)終了です」と坂東が言うと、吉川が「ぴえん」と言いながら涙を流すポーズを決めるなど、撮影終盤、すっかり打ち解けリラックスした雰囲気が感じ取れる。最後は、カメラに手を振りながらおのおの自由な動きをとり、見ているこちらもほほ笑ましい気持ちになれる、“素のまんま”な仲の良さを見せている。

 映画『ハニーレモンソーダ』は、全国公開中。

関連記事(外部サイト)