『アイの歌声を聴かせて』10.29公開 大原さやか、浜田賢二、津田健次郎ら出演決定

『アイの歌声を聴かせて』10.29公開 大原さやか、浜田賢二、津田健次郎ら出演決定

映画『アイの歌声を聴かせて』追加キャスト&キャラクタービジュアル(C)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

アニメ映画『アイの歌声を聴かせて』の公開日が10月29日に決定。また、追加声優キャストとして、大原さやか、浜田賢二、津田健次郎、カズレーザー(メイプル超合金)、咲妃みゆの出演が発表され、本予告と本ビジュアルも解禁となった。

 本作は、ちょっと変わった不思議な転校生シオンと、ひとりぼっちの真面目少女サトミとの、友情と歌でつながる絆を描くハートフルストーリー。『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、『イヴの時間』で東京国際アニメフェアOVA部門優秀作品賞を獲得した吉浦康裕が原作・監督・脚本を務める。

 ちょっぴりポンコツな主人公シオンを土屋太鳳が演じ、多彩な楽曲も歌い上げる。もうひとりのヒロインであるサトミを福原遥、幼なじみのトウマを工藤阿須加が演じる。追加キャストとして発表されたのは、大原、浜田、津田、カズレーザー、咲妃の5名。大原は、大企業のラボで働く凄腕の研究者でサトミの母親・美津子、浜田は美津子の部下・野見山、津田は美津子の上司・西城を演じる。

 本予告では、これまで「変わり者」とされていたシオンが実は試験中のAIであったことが判明。ひとりぼっちのサトミのためにやってきたというシオンは少しポンコツだが明るく天真らんまんで、サトミを始めとするクラスメイトたちはあっという間に「幸せ」を感じ始める。しかしある時、シオンを開発した会社によってシオンは回収されてしまい、サトミたちはもう1度シオンに会うために奮闘する。

 大原は、「全員での収録ではなかったのがとても残念でしたが、ハマケンさん&ツダケンさんの大人チーム3人でアフレコできたので、男社会の中で揉まれながらも信念を持ってここまで必死に頑張ってきた、キャリアウーマンとしての美津子に関してはとてもイメージしやすかったです」とアフレコを振り返る。

 浜田は「すぐ隣にある何気ないもの、いつもの関係を改めて見てみる事の幸せを感じさせてくれる作品ではないでしょうか」と作品の魅力をアピール。津田は、自身が演じた西城を「嫌な大人です(笑)。社会や大人のルールに縛られて大切なものを見失っている、そんな大人のキャラクターです」として、「大らかに、しかし明確なイメージを持って演出させて頂きました」とコメントしている。

 アニメ映画『アイの歌声を聴かせて』は、10月29日より全国公開。

関連記事(外部サイト)