『東京リベンジャーズ』“ドラケン”山田裕貴の断髪式映像解禁

『東京リベンジャーズ』“ドラケン”山田裕貴の断髪式映像解禁

映画『東京リベンジャーズ』“ドラケン”山田裕貴(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

俳優の北村匠海が主演を務める映画『東京リベンジャーズ』より、東京卍會(トーマン)の副総長ドラケンを演じる山田裕貴が、役作りのため側頭部をそり上げる様子を収めた映像が解禁された。

 和久井健の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)を実写化した本作は、フリーターとしてどん底の生活を送っていた主人公タケミチ(北村)が、人生唯一の彼女だったヒナタ(今田美桜)の事故死をきっかけに、弱小不良だった高校時代にタイムリープし、彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘する姿を描く。

 劇中で人気キャラクターが多数所属する、仲間思いで情熱を持った不良集団・東京卍會(トーマン)。その熱き副総長ドラケンといえば、側頭部をそり上げた特徴的なビジュアルが印象的だ。この度解禁となったのは、ドラケンを演じる山田がクランクイン前にこの髪形になるまでの様子を収めた断髪式の動画。主題歌であるSUPER BEAVERの「名前を呼ぶよ」をBGMに、山田からドラケンへと変わっていく様子が映し出されている。

 本作はコロナによる撮影中断があったため、山田は実に1年間もこの髪形を維持していたとのことで、熱き副総長の名に恥じない山田の作品への熱き思いをうかがい知ることができる。

 ビジュアルの完全再現に加え、タケミチ(北村)、マイキー(吉沢亮)ら各キャラクターとの掛け合いやアクションなど、あらゆる要素がドラケンそのものの山田に注目だ。

 映画『東京リベンジャーズ』は公開中。

関連記事(外部サイト)