『ハコヅメ』永野芽郁&戸田恵梨香&西野七瀬の“添い寝シーン”に反響「3人とも可愛すぎる」

『ハコヅメ』永野芽郁&戸田恵梨香&西野七瀬の“添い寝シーン”に反響「3人とも可愛すぎる」

(左から)永野芽郁、戸田恵梨香、西野七瀬 クランクイン!

女優の戸田恵梨香と永野芽郁がダブル主演するドラマ『ハコヅメ 〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系/毎週水曜22時)第4話が28日に放送。川合(永野)、藤(戸田)、牧高(西野)が3人で並んで眠る“添い寝シーン”に反響が集まった。

 川合の描いた似顔絵が手がかりとなり、女子中高生を狙った連続傷害事件の容疑者として安田(北澤ひとし)が浮上。川合と藤は刑事課の応援として捜査に加わることになる。防犯カメラの精査など、地道で過酷な捜査を続けるが、安田が犯人である証拠がなかなかつかめないまま夜が明けてしまう。

 限界を迎え、川合が女子仮眠室に向かうと、そこには張り込みと聞き込みが終わり、同じベッドで並んで眠っている藤と牧高の姿が。ぼう然とし、「成人女性が枕並べてるインパクトにフリーズしちゃって…」「じゃあ私はこれで」とその場を去ろうとした川合だったが、藤は布団をめくり上げ「はい。どうぞ。おいで」と川合を迎え入れる。

 眠る場所がわからず戸惑う川合を、藤は「タクシー乗るときと一緒で一番下っ端が真ん中。これ社会人としての常識だよ」と促し、川合は「常識のある社会人は先輩と3人でシングルベッドに寝ないですけど…」とツッコみながらも藤と牧高の真ん中へ寝そべる。「こんな状態で寝られるわけない」と思う川合だったが、あっさりと眠ってしまうのだった。

 川合、藤、牧高の“添い寝シーン”に視聴者からは「3人で寝るのは絵面が強い!!!」「天国すぎ」「寝顔かわいい」「私も入りたい!!」「3人とも可愛すぎる」「なんだこの川の字!!」「可愛さで画面が割れる」「川の字の最高峰」などの声が多く寄せられ、反響が集まった。

関連記事(外部サイト)