『ハコヅメ』2022年TVアニメ化決定 メインキャストに若山詩音&石川由依

『ハコヅメ』2022年TVアニメ化決定 メインキャストに若山詩音&石川由依

テレビアニメ『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』ティザービジュアル(C)泰三子・講談社/ハコヅメ製作委員会

現在、戸田恵梨香と永野芽郁のダブル主演でテレビドラマ化されている漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』(講談社「モーニング」連載中)が、2022年にテレビアニメ化されることが決定。併せて、メインキャストを若山詩音と石川由依が務めることが発表され、ティザーPVやビジュアル、原作者・秦三子によるお祝いイラストが公開された。

 元警察官の泰が描く漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』は、とある街にある町山交番を舞台に、凸凹交番女子ペアを通して、身近なようで意外と知らないお巡りさんの笑いあり涙ありのリアルな日常を描く交番エンターテインメント。現在放送中のテレビドラマ版では、ひよっこ警察官の川合麻依役を永野、元エース刑事で交番に異動してきた藤聖子役を戸田がそれぞれ演じ、大きな注目を集めている。

 そんな本作が2022年にテレビドラマ化。スタッフには、佐藤雄三が監督を務めるほか、シリーズ構成を金月龍之介、キャラクターデザインを土屋圭、アニメーション制作をMADHOUSEが担当し、メインキャストとして、川合麻衣役を若山が、藤聖子役を石川が演じることが発表された。

 解禁されたティザーPVは、新人の川合が藤が初めて出会う場面からスタート。藤のことを「すっごい美人」と頬を赤らめる川合だったが、交番勤務の苦労を経験し、「こんなに激務で嫌われ者と知ってたら、絶対警察官なんてなってない!」と後悔を漏らす。映像には本作に登場する個性豊かな警察官たちも映し出され、ラストは川合の愚痴と、それをいさめる藤のやり取りがテンポよく繰り広げられ、アニメ版の放送にも期待が高まるPVとなっている。

 川合役の若山は「とても嬉しいのと同時に、大きなプレッシャーも感じております。ポンコツで鈍くて、でも妙に鋭い川合の魅力を余すところなくお届けするために、一生懸命頑張って参りますので、ぜひ町山交番の日常を覗きに来てください」、藤役の石川は「本音ダダ漏れの警察官の日常を、時に面白おかしく、時にカッコよく演じていきたいです。川合役・若山詩音ちゃんと一緒に盛り上げていけるよう頑張ります!」とそれぞれコメントしている。

 テレビアニメ『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』は2022年放送。

<メインキャストコメント>
■若山詩音(川合麻依役)
川合麻依役を務めさせていただきます、若山詩音です。
大好きな作品の、大好きなキャラクターを演じさせて頂けることとなり、とても嬉しいのと同時に、大きなプレッシャーも感じております。ポンコツで鈍くて、でも妙に鋭い川合の魅力を余すところなくお届けするために、一生懸命頑張って参りますので、ぜひ町山交番の日常を覗きに来てください。

■石川由依(藤聖子役)
いつも人や街の安心安全のために頑張ってくださっている警察官をテーマにした作品。私も親切にしていただいた経験があったので、これに受かれば「何か力になれるのでは…!?」と、気合いを入れてオーディションに挑みました。
私が演じる藤は、元刑事課のエースで「ミス・パーフェクト」と呼ばれる、基本的にとても優秀な人…ですが、ツッコミどころも多い人です。
本音ダダ漏れの警察官の日常を、時に面白おかしく、時にカッコよく演じていきたいです。川合役 若山詩音ちゃんと一緒に盛り上げていけるよう頑張ります!

関連記事(外部サイト)