Amazon製作『ロード・オブ・ザ・リング』オリジナルドラマ、9.2独占配信開始 ファーストルック解禁

Amazon製作『ロード・オブ・ザ・リング』オリジナルドラマ、9.2独占配信開始 ファーストルック解禁

ドラマ『The Lord of the Rings(正式タイトル未定)』ファーストルック

Amazon Studioが製作するオリジナルドラマ『The Lord of the Rings(正式タイトル未定)』のシーズン1が、2022年9月2日よりAmazon Prime Videoにて独占配信されることが決定。壮大な物語の幕開けを予感させる第1弾画像が解禁された。

 本作は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』を原作にした新シリーズ。映画『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の舞台となった<第三紀>の遥か数千年前の時代、<第二紀>に「中つ国」で起きた出来事を史上初めて映像化する。平和な時代から始まり、おなじみのキャラクターと新たなキャラクターが、「中つ国」で長い間恐れられていた邪悪なものに立ち向かう物語が描かれる。

 キャストは、ドラマ『ザ・シューター』のシンシア・アダイ=ロビンソン、『ゲーム・オブ・スローンズ』のロバート・アラマヨをはじめ、オウェイン・アーサー、マックス・ボルドリー、ナザニン・ボニアディ、モーフィッド・クラーク、イスマエル・クルス・コルドバ、チャールズ・エドワーズらが出演。

 クリエイター兼エグゼクティブプロデューサーは、『スター・トレック BEYOND』(2016)の脚本を手掛けたJ・D・ペインとパトリック・マッケイ。エグゼクティブプロデューサーとして『スター・トレック BEYOND』で製作を務めたリンジー・ウェバー、『パシフィック・リム』(2013)や『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)で製作総指揮を務めたカラム・グリーン、『永遠のこどもたち』(2007)や『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)の監督として知られるJ・A・バヨナが参加。そしてイギリスの長寿SFドラマ『ドクター・フー』などで監督を務めたウェイン・チェ・イップが共同エグゼクティブプロデューサーを担当し、J・A・バヨナやシャーロット・ブランドストームと共に監督も務める。プロデューサーはクリストファー・ニューマン。

 シーズン1の撮影が8月3日(現地時間)にニュージーランドで終了したばかりの本作。今回の配信決定について、Amazon Studiosのヘッドであるジェニファー・サルケは「<The Lord of the Rings>の新たなる旅が2022年9月2日にAmazon Prime Videoで始まります。この新たなそして壮大な『中つ国』の旅路を世界中のお客様にお届けできることに非常に興奮して言葉も見つかりません!才能豊かなスタッフとキャストたちの疲れも知らない努力によって、このまだ語られていなかった、そして生命に対する畏敬のビジョンを実現してくれました」と語る。

 シリーズクリエイターのペインとマッケイは「(ホビットの主人公)ビルボは『さあ、新しい冒険への準備は出来た』と言いましたが、ここ何カ月もこの生きている『中つ国』での一生に一度の冒険をしていた私たちは、この言葉をファンの皆様に言える日が待ちきれませんでした」とコメントを寄せている。

 ドラマ『The Lord of the Rings(正式タイトル未定)』シーズン1は、Amazon Prime Videoにて2022年9月2日より独占配信予定。

関連記事(外部サイト)