『ロン 僕のポンコツ・ボット』友情を育むロン&孤独な少年 2ショット場面写真解禁

『ロン 僕のポンコツ・ボット』友情を育むロン&孤独な少年 2ショット場面写真解禁

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』メインビジュアル(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

アニメ映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』より、ポンコツBボットのロンと友達のいない少年バーニーの愛くるしさ満載の新規場面写真が一挙解禁された。

 イギリスの新進気鋭のCGアニメーションスタジオ・ロックスミス・アニメーションの初の劇場長編アニメーション作品である本作は、ひとりぼっちの少年バーニーとポンコツ・ボットのロンという1人と1体の、“本当の友情”探しの冒険を描く。監督は、世界的人気アニメーション『ひつじのショーン』のテレビシリーズを手がけ、『インサイドヘッド』『アーロと少年』ではストーリーアーティストを務めたジャン・フィリップ・ヴァインと、ロックスミス・アニメーションの創設者サラ・スミスが共同で務める。

 最新式のロボット型デバイス<Bボット>は、ネット、写真、通話、テレビ、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のようなデバイス。誰もがそんな<Bボット>と暮らしている世界で、友達のいない少年バーニーのもとに届いたのは不良品の<Bボット>ロンだった。ローディングに異常に時間がかかり、オンラインにも接続できず、友達探しをすることもできないポンコツっぷりを見せるロンに、バーニーは彼なりの“友達の条件”を説明し“友達の作り方”を教え込んでいくが、やがてロンには他の<Bボット>たちにはない、特別な何かがあると気づいていくことに−。

 解禁された場面写真では、「How to be my friend (ぼくの友達になる方法)」と書かれたボードを前に、バーニーがロンに友達の作り方をアナログなスタイルで教えている場面や、バーニーとロンがハイタッチする姿、一緒に草原で寝転んでいる姿など、2人の距離がだんだん近づいていく様子の分かるカットがあるかと思えば、ハイテク機能を備えた最新式ロボット型デバイスらしからず、ロンの目の位置がずれていたり、プールサイドでびしょぬれになっていたりと、思わずクスッとさせられるシーンが切り取られている。

 アニメ映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』は、10月22日より全国公開。

関連記事(外部サイト)