龍田直樹がプロ顔負けのラップを披露 『スペース・プレイヤーズ』本編映像解禁

龍田直樹がプロ顔負けのラップを披露 『スペース・プレイヤーズ』本編映像解禁

映画『スペース・プレイヤーズ』“ルーニー・テューンズ”のポーキー・ピッグの場面写真(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

バスケットボールのスーパースター、レブロン・ジェームズが本人役で主演する映画『スペース・プレイヤーズ』より、日本語吹き替え版本編映像が解禁された。プロのラッパー・大神:OHGAの監修で、声優の龍田直樹がプロ顔負けのラップを披露する。

 本作は、NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いレブロンを主演に迎え、ワーナー・ブラザースの歴代の作品/キャラクターが垣根を超えて登場する、実写とアニメーションの融合作品。誰も見たことのない壮大な<無限バーチャル・ワールド>で繰り広げられる【eスポーツバトル】を描く。

 『ドラゴンボール』シリーズのウーロン役や『キテレツ大百科』の熊田薫(ブタゴリラ)役など数々の人気キャラクターを演じてきた龍田が日本語吹き替え版で演じるのは、“ルーニー・テューンズ”のポーキー・ピッグ。臆病者で内気な性格だが、日本語吹き替え版本編映像では津田健次郎が演じるアル・G・リズムの見せどころを奪うように始まったHIPHOPタイムで見事なラップを披露する。

 龍田は「韻を踏みながらノリノリで軽快に歌うヒップホップ? いやいや、無理無理無理! だって私は昭和生まれの昭和育ち、『演歌のこぶし』の血は流れているが、ヒップホップの『ラップ』の血は一滴も流れていない。でも、送られてきた映像を見ると確かにポーキーの奴、やってる! しかもノリノリで!」と、当時の心境を告白。

 悩んで迎えた収録当日は「嫌な汗をいっぱい飛ばしながら懸命にトライ! 勿論、プロの大神さんの優しく、楽しく、親切なご指導があったからこそ、大神さんには本当に感謝です」と監修を務めた大神への感謝を述べた。

 映画『スペース・プレイヤーズ』は8月27日より全国公開。

関連記事(外部サイト)