片桐はいり『東京放置食堂』、“人生に悩みを抱える客”に前田敦子、桜井玲香ら

片桐はいり『東京放置食堂』、“人生に悩みを抱える客”に前田敦子、桜井玲香ら

ドラマ『東京放置食堂』に出演する前田敦子

女優の片桐はいりが連続ドラマ初主演を務める本日スタートのドラマ『東京放置食堂』(テレビ東京系/毎週水曜25時10分)の各話ゲストが解禁され、女優の前田敦子、桜井玲香らが出演することがわかった。前田、桜井らは、舞台となる居酒屋に集まる、“人生に悩みを抱える客”を演じる。

 本作は、東京都にある大自然の宝庫・大島を舞台に、そこで育まれる豊かな人間模様や魅力的なグルメを満載した、人情味あふれる島ドラマ。東京生まれ、東京育ちで、数多くの被告人を裁き、更生させてきた、曲がったことが大嫌いな初志貫徹の元裁判官・真野日出子役を片桐が演じるほか、共に居酒屋を営んでいく寡黙な若い店主・小宮山渚役を工藤綾乃が務める。さらに、大島で生活する個性豊かな島民役で与座よしあき、松川尚瑠輝、梅垣義明が共演する。

 人を裁くことに疲れて東京を出た元裁判官の真野日出子(片桐)がやってきたのは、東京から120キロ南の太平洋に位置する「大島」。そこで日出子は、島で生まれ育った小宮山渚(工藤)と出会い、ひょんなことから、渚が祖父から受け継いだ居酒屋『風待屋』を手伝うことに。いつからか、そんな居酒屋に人生に悩みを抱える客が顔を出すようになる―。

 今回発表されたのは、第1話から第4話で居酒屋『風待屋』を訪れる“人生に悩みを抱える客”を演じる各話のゲストキャスト。

 前田が演じるのは、第4話で婚約者とのウエディングフォトを撮るために、ウエディングドレス姿でひとり訪れる鶴見美咲役。「(台本を読んで)片桐さん演じる日出子さんに会いたい!実際にいってみたい!風待屋のご飯を食べてみたい!と思いました」という前田は、「嫌なことがあったとき、落ち込んだときは、とりあえず美味しいご飯を食べるが一番ですね」と語り、「とても気持ちのいい作品になるのではと今から私も撮影が楽しみです!」とコメントした。

 元乃木坂46初代キャプテンの桜井が演じるのは、第2話で握手会前のアイドル像に耐えられず、逃げて大島までやってくるアイドル・小松原美織役。「どこを見渡しても自然、自然、自然!の大自然にあふれた宝の島、大島を走り回ってきました!あんなに走ったのはいつ以来だったんだろう…」と撮影を振り返った桜井。「とっても緊張しましたが貴重な体験をさせていただいた時間をみなさまにも是非ご覧いただきたいです!」とメッセージを寄せた。

 そのほか、第1話には日出子に会いに大島までやってくる有名企業社長役で近藤公園、第3話には刑期を終えた元組長役で竹中直人のゲスト出演が決定。第5話以降に出演するゲストも今後順次発表される。

 水ドラ25『東京放置食堂』は、テレビ東京系にて毎週水曜25時10分放送。

関連記事(外部サイト)