乃木坂46・賀喜遥香、初センターに意気込み「生きてきた中での精一杯を」

乃木坂46・賀喜遥香、初センターに意気込み「生きてきた中での精一杯を」

ゲーム『乃木坂的フラクタル』新CM発表会に登場した乃木坂46・賀喜遥香 クランクイン!

乃木坂46の賀喜遥香、秋元真夏、齋藤飛鳥、北野日奈子、梅澤美波、遠藤さくらが16日、都内で行われた『乃木坂的フラクタル』新CM発表会に出席。賀喜が初のセンターを務めることについて意気込みを語った。

 『乃木坂的フラクタル』は“キミだけの乃木坂46をプロデュース”をコンセプトに据えたスマートフォン向けゲームアプリ。ユーザーは乃木坂46のプロデューサーとなり、歴代衣装や楽曲をコレクションして自由にカスタマイズすることで、それぞれのメンバーとの思い出を楽しみながら、自分が思い描く理想の乃木坂46を創造することができる。

 28thシングル「君に叱られた」で初のセンターを務める賀喜は、センターに選ばれたときの心境を「センターという場所がグループにとってどれだけ大切な場所か、っていうのはずっと見てきてわかっていたので、プレッシャーや緊張もあった」と吐露。続けて「大切な場所だからこそ、自分の今までの生きてきた中での精一杯を出さないとな、と思って、もっとがんばろうって改めて思いました」と言葉に力を込めた。

 『君に叱られた』のタイトルにちなみ、“叱られたいメンバー”を尋ねられた賀喜は、遠藤の名前を挙げ「さくちゃんって叱ってるイメージがまったくなくて。いつもはおっとりしてるおとなしいさくちゃんが叱るときはどういうときなんだろう? って思って叱られてみたいな、と思いました」と告白。MCから「おとなしい方から叱られるのって胸にぐっときませんか?」と尋ねられると、賀喜は頷き「たぶんそこで人生改めようと思う気がします(笑)」と笑った。

 今年で10周年を迎えた乃木坂46。イベントの最後に秋元は「今、新メンバーのオーディションも行っていますし、『乃木坂的フラクタル』でもライブのシーンはすごく印象的で。私たち乃木坂にとってもライブはすごく大切なもの」とし「このゲームで遊んで『ライブ本当に行ってみたいな』って思ってもらえるように、グループのメンバーみんなで力を合わせてより成長して大きなグループにできるようにこの先の10年間もがんばっていきたいなと思います」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)