『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』特別編集版&外伝、金ローで2週連続放送

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』特別編集版&外伝、金ローで2週連続放送

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版』ビジュアル(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

2018年に放送されたアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のテレビシリーズを再構成した「特別編集版」と、2019年に劇場公開された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ‐永遠と自動手記人形‐』が、『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて、それぞれ10月29日と11月5日に放送されることが決まった。

 京都アニメーションが制作したテレビアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、電話も普及しておらず、“手紙”が誰かに思いを伝える重要な手段だった時代、感情を持たない1人の少女が、代筆の仕事を通して愛を知るまでの成長の物語。「アニメ!アニメ!」の「一番泣けるアニメといえば?」アンケートで2年連続第1位獲得をはじめ、多くのランキングサイトで泣けるアニメの上位にランクインしている。

 2019年には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ‐永遠と自動手記人形‐』が公開。さらに2020年には、オリジナル新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が公開され、興行収入21.3億円のヒットを記録。日本アカデミー賞優秀賞を受賞した。

 幼い頃に軍人として大戦に参加したヴァイオレットは、人の気持ちを理解したり、自分の気持ちを表現したりすることを知らなかった。戦後、手紙を代筆する「自動手記人形」の職に就いた彼女は、さまざまな依頼を受けながら、戦場で上官ギルベルト少佐に告げられた言葉「愛してる」の意味を探し続ける…。

 10月29日放送の「特別編集版」は、テレビシリーズを、石立太一監督の監修で新たに再構成。物語の序章にあたる第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、そして、神回と絶賛された第10話を中心に、作品の魅力を濃縮した特別版だ。石立監督は「元々テレビシリーズとして制作した全13話を、今回金曜ロードショー特別版として、再編集致しました。一度観てくださった方も、まだご覧になった事のない方も、ここから始まる、ヴァイオレット・エヴァーガーデンという女性の人生。その一瞬を、できるなら、お一人でも多くの方に観て頂けたらと思っております」とコメントしている。

 11月5日に放送される『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ‐永遠と自動手記人形‐』では、自動手記人形として成長を重ねたヴァイオレットが規律の厳しい女学校に通う新たな依頼主イザベラの元へ教育係として雇われる。次第に心を通わせる2人。やがてイザベラの過去の秘密が明らかに…。

 アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版』は10月29日、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ‐永遠と自動手記人形‐』は11月5日、『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)にて放送。

関連記事(外部サイト)