神尾楓珠、“顔は満点”の非常識教師を演じる『顔だけ先生』今夜スタート 櫻井海音、長谷川慎、矢吹奈子ほか生徒役にも注目

神尾楓珠、“顔は満点”の非常識教師を演じる『顔だけ先生』今夜スタート 櫻井海音、長谷川慎、矢吹奈子ほか生徒役にも注目

土ドラ『顔だけ先生』(東海テレビ・フジテレビ系)第1話 場面写真 (C)東海テレビ

俳優の神尾楓珠が主演を務め、女優の貫地谷しほりと共演する土ドラ『顔だけ先生』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)が、本日9日よりスタートする。

 本作は、超自分至上主義者の高校非常勤講師が、教育現場にさまざまな問題の種をまき散らしつつも、生徒たちに人生の楽しさを教えていく、予測不可能な学園ドラマ。ルックスは抜群だが、教師らしいことは一切しない“自分ファースト”で“顔だけ”なポンコツ先生・遠藤一誠役を神尾が演じ、舞台となる私立菊玲学園高等学校の2年学年主任・亀高千里に貫地谷がふんする。

 また同局『めざましテレビ』歴代最長お天気キャスターの阿部華也子が英語教師役ででドラマ初出演。月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ)に出演するなど、バンド、ファッションモデル、俳優としても注目を浴びる櫻井海音が、父親の借金・母親の病気で大人にならざるを得なかった苦学生を演じる。

 そのほか生徒役の“NEXT国宝級イケメン”として話題のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE・長谷川慎、グローバルグループIZ*ONEで活動していたHKT48・矢吹奈子、男子高生ミスターコン3冠の小宮璃央、TikTokフォロワー数が女性で日本一の景井ひならにも注目だ。

■第1話 あらすじ

 私立菊玲学園高等学校の2年の学年主任・亀高千里(貫地谷しほり)は、教師たちの負担を減らすために、非常勤講師を採用した。「力になってくれるはず」との周囲の期待をよそに、現れた遠藤一誠(神尾楓珠)は、赤いポロシャツに七分丈ズボン、足元はビーサンで、巨大なウォータープルーフバックを背負っていたが、なんと、授業前にリバーラフティングをして来たといい、髪の毛はまだ濡れている…。

 遠藤は、SNSのアカウント名のみを黒板に書いて最初の自己紹介を終えたり、授業の進行状況は無視し、自分が話したい『関ヶ原合戦図屏風』の話を、武士の絵にアフレコしながら始めたりと、自由気ままな振る舞いを連発。遠藤は、ルックスは抜群だが教師らしいことは一切しない、 “顔だけ”先生だったのだ。

 採用を丸投げした川相教頭(八嶋智人)から、「何かあったら、全部、学年主任の責任ですからね」と責められる亀高。

 亀高らが遠藤の巻き起こしたトラブル処理に追われていたある日、水原みずき(田幡妃菜)が、突然、丸坊主で登校してくる。近々、留学制度について理事長面談を受ける優秀な生徒なのだが、「理事長にどう説明したら…」と理由が分からず慌てふためく川相教頭らを尻目に、遠藤は「似合ってればいいと思うけどなあ」とのんきな様子。

 水原は「…昨日、学んだんです。周囲の空気に流されると命を落とすって、関ヶ原の合戦の話から」と、丸坊主にしたきっかけが遠藤の授業だったことを打ち明ける…。

 土ドラ『顔だけ先生』は東海テレビ・フジテレビ系にて毎週土曜23時40分放送。

関連記事(外部サイト)