3人の女性が舌戦 堤幸彦監督『truth』ビジュアル&“忖度出演”佐藤二朗のコメント到着

3人の女性が舌戦 堤幸彦監督『truth』ビジュアル&“忖度出演”佐藤二朗のコメント到着

映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』メインビジュアル(C)2021 映画「truth〜姦しき弔いの果て〜」パートナーズ

堤幸彦監督50作目にして、自主制作映画として完成させた映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』より、メインビジュアルと場面写真が解禁。併せて、本作に“忖度出演”する佐藤二朗のコメントが到着した。

 1988年に『バカヤロー!私、怒ってます「英語がなんだ」』で映画監督デビュー以来、メジャーレーベルで話題作を次々と生み出し、これまで一貫して「真実」に目を凝らし続けた堤監督。そんな堤監督50作目となる本作は、企画発起人であるプロデューサー兼主演3人(広山詞葉、福宮あやの、河野知美)と手を組み、原点に立ち返り自主制作映画として完成させたワンシチュエーション会話劇。「精子バンク」をテーマに、愛を追う女性たちが本音むき出しで人間味をさらけ出す喜劇作品となっている。

 堤監督の原案のもと、日本アカデミー賞を受賞した『明日への記憶』や『2LDK』でもタッグを組んだ三浦有為子が脚本を担当。キャストには、広山、福宮、河野に加え、“忖度出演”で佐藤二朗が名を連ねる。

 すでにローマ・インターナショナル・ムービーアワードで最優秀作品賞を受賞したほか、ベルリンインディー映画祭特別賞、ウルバッティ国際映画祭女性映画最優秀作品賞、ゴールデンスパロウ国際映画祭審査員特別賞、モントリオールインディペンデント映画祭最優秀短編コメディ賞を獲得するなど、世界各国の映画祭で大きな反響を得ており、ローマ・インターナショナル・ムービーアワードからは、「主演女優3人の晴々する屈託のない演技。美しい映像と見事な演出。息もつかせぬエネルギッシュな作品だ!」とメッセージが寄せられた。

 ある男性が事故死したことで、まったく違うタイプの3人の女性が男と同時に付き合っていたことが発覚。泣き叫び、罵り合い、殴り、語り…の末、やがて3人の女性たちは、男の真実(TRUTH)にたどり着くのだが―。

 メインビジュアルは、3人の喪服の女たちが、同じ男(佐藤)を愛し、己のプライドをめぐる壮絶な舌戦を繰り広げるシーンを切り取ったもの。場面写真には、ユーモラスでアクチュアルに戦う彼女たちの姿が収められており、物語がたどり着く先の真実に期待が高まるカットが連なっている。

 併せて、“忖度出演”佐藤からのコメントも到着。佐藤は、「事務所のかわいい後輩・広山詞葉が発起人、そして何より、僕に映像の世界の扉を開いてくれた堤幸彦が監督とあれば、協力しないわけにはいかない。記念すべき監督50作品目にこの作品を選んだのはなんとも堤幸彦らしい。志高き3人の俳優と堤幸彦が紡ぐ『最強のインディーズ映画』を堪能してほしい」と語っている。

 映画『truth 〜姦しき弔いの果て〜』は、2022年1月7日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)