『コンフィデンスマンJP 英雄編』松重豊&角野卓造が初出演 江口洋介ら常連キャストも発表

『コンフィデンスマンJP 英雄編』松重豊&角野卓造が初出演 江口洋介ら常連キャストも発表

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』第1弾キャスト(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演する人気シリーズの最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』の第1弾キャストが解禁。初出演となる松重豊、角野卓造をはじめ、江口洋介、生瀬勝久、石黒賢らシリーズおなじみの顔ぶれが発表された。

 本作は、コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)の3人が、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る痛快エンターテインメントコメディ『コンフィデンスマンJP』シリーズの劇場版第3段。地中海に浮かぶマルタ島を舞台に、街全体が世界遺産に登録されているヴァレッタでだまし合いバトルが勃発する。

 松重豊は、ダー子たちを追う警視庁捜査二課の武骨な刑事・丹波役で出演。“ホシ”を挙げるためには手段を選ばない昔気質の刑事で、赤星に接近して何かを企む場面も。一方の角野卓造は、今まで描かれてこなかったダー子たちの過去に関わる伝説のコンフィデンスマン・“三代目ツチノコ”を演じる。

 江口洋介が演じる宿敵・赤星栄介は連続ドラマから登場し、今ではシリーズ屈指の人気キャラクター。毎回ダー子たちを陥れるべく画策しながらも、ことごとくしっぺ返しをくってきたが、今回は一矢報いることができるのか。

 その他、悪徳芸能プロモーター、ホー・ナムシェン役の生瀬勝久、悪徳美術商・城ヶ崎善三役の石黒賢とシリーズ常連キャラクターも参戦。梶原善、高嶋政宏といった名優も集結し、ストーリーを盛り上げる。

 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』は、2022年1月14日より全国公開。

関連記事(外部サイト)