竹内涼真×中条あやみ『君と世界が終わる日に』Season3、2022.2.25Huluにて配信開始

竹内涼真×中条あやみ『君と世界が終わる日に』Season3、2022.2.25Huluにて配信開始

Huluオリジナル『君と世界が終わる日に』Season3に出演する竹内涼真と中条あやみ(C)HJ ホールディングス

俳優の竹内涼真が主演を務め、女優の中条あやみが共演するドラマ『君と世界が終わる日に』のSeason3が、2022年2月25日よりHuluにて配信されることが決定した。

 本作は、生きる屍=ゴーレムに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、主人公・響(竹内)と恋人・来美(中条)らが、生き残りを懸けた闘いに身を投じる極限のゾンビサバイバル。

 日本の地上波ゴールデン帯連続ドラマ初の本格ゾンビ作品として、2021年1月より日本テレビ系にて放送されたSeason1では、ある日突然、ゴーレムによって日常を奪われた人々の過酷なサバイバル、プロポーズ直前に引き裂かれてしまった響と来美のラブストーリー、ゴーレムウイルス開発者の謎を解くミステリーと、3つの軸が絡み合う“究極の人間ドラマ”が描かれた。

 その後、Huluにて配信されたSeason2では、来美がゴーレムウイルスに感染していたという衝撃の事実が発覚。そして、新たなコミュニティであるシェルター「希望の家」を舞台にした生存者同士の闘い、ゴーレム化が進む来美の記憶障害、愛する人が続々と倒れていく極限のサバイバル、謎の集団Xの存在など、ゴーレム惨禍の中、数々の死闘が繰り広げられた。

 Season2のラストでは、響との子供を身籠る来美が姿を消し、響はそんな彼女を探す旅に出ることを決意。新たに配信が決定したSeason3では、その10ヵ月後が描かれる。

 ゴーレムに占拠された世界は今、どうなっているのか。妊娠しながらもゴーレム化が進んでいた来美は生きているのか。響と結月(横溝菜帆)がたどり着いた先に待ち受ける、さらなる過酷な運命とは―。

 Season3の撮影は、2021年10月下旬よりスタート。Season1、2に続き主演を務める竹内は、「前作を超えるくらい、絶対に面白い物を作るとスタッフの皆さんと共有しています」と語り、「今回のテーマである『信じる』とは何なのかということを僕自身が一番に背負って演じていきたい」と気合いを入れる。

 また、Season1、2のサバイバル禍を生き抜いてきたレギュラーキャスト陣の続投も決定。中条は、「来美もきみセカもパワーアップした新たなストーリーを楽しんでいただけると嬉しいです」とアピールし、「これまで以上にゾクゾク!ハラハラ!する生き残りをかけた『人間』ドラマと感動をお届けできるように、新しいメンバーを含めたキャストの皆さまと共に力を合わせて撮影ができたら」とメッセージを送った。

 響と来美の同級生で元警察官・等々力役の笠松将は、「SNSでファンの皆様より、『いつ撮影はじまりますか?等々力は生きてますか?』と沢山のメッセージを頂いておりました。やっと言えます、これから撮影頑張っていきます」と話す。

 放浪グループとして響と終末世界を生き抜いてきた元女子大生・佳奈恵役の飯豊まりえは、「去年は、男子陣を見習って現場とトレーニングジム通いの日々でした。これ以上何が起こるんだろうと、次々と壁が立ちはだかってくる現場なので足腰をとにかく鍛えて今回も臨みたいと思います」と意気込みを語った。

 さらに、ゴーレムウイルスのワクチン開発に携わった韓国人医師・ジアン役の玄理は「再びあの大量のゾンビに追いかけられるのか…と思うと震えますが、スタッフ・キャストの皆に再会できるのを心から楽しみにしています!」、仲間を皆殺しにした謎の組織Xを追う“刀集団”の元ボス・坪井役の小久保寿人は、「Season3でも彼(坪井)らしくブレずに邁進していくと思うので、僕も負けじと気合いを入れて楽しみながらサバイブしていこうと思います!」、響と行動を共にする結月役の横溝菜帆は「響くん達と一緒にゴーレムを倒せるように、私も体力作りをして、アクションも頑張りたいです!」と、それぞれコメントを寄せている。

 ドラマ『君と世界が終わる日に』Season3はHuluにて2022年2月25日より配信。

関連記事(外部サイト)