上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合駆けつける “最後のキャッチャー”務めたと告白

上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合駆けつける “最後のキャッチャー”務めたと告白

上地雄輔 クランクイン!

歌手、俳優、タレントの上地雄輔が20日、自身のインスタグラムを更新。19日で現役を引退した埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手の引退試合に駆けつけたことを報告。試合後にはキャッチボールをしたことも報告した。

 この日、上地が「いや、いやややや。これはヤバい」と投稿したのは、松坂の引退試合にかけつけた際に撮影した動画。自身の楽曲「常勝」がスタジアムに鳴り響く中「これ泣くでしょ。ちょ何これ?ここで?」とぼう然とした姿が見受けられた。

 「仕事終わりで間に合わなかったけど駆け付けて 試合終了後、シーンとなった球場に俺の歌声がして あいつが出てきて1人でグラウンドを一周して こっちは鳥肌が立って周りの人達がこっちを振り返って泣いてた」と状況を説明した上地は「こいつ泣かせに来たなと思ったけど投げ終わった顔が26年で一番良い顔をしていた気がします」とコメント。「しばらくしたらスタッフさんが迎えに来てくれてあいつが室内練習場を用意してくれてて 2人でグローブとミットをハメてキャチボールとピッチング。松坂大輔投手の一番最後のキャッチャーになりした(原文ママ)」と、終了後のやり取りも明かしている。

 上地は「ずっとあのまま2人でグラウンドにいたかったよ 本当に」「俺はお前が大好きだ」と横浜高校時代、バッテリーを組んでいた松坂への心境をつづっている。コメント欄には「感動しました」「2人の関係がどれだけのものかこれだけでわかります」「最高のバッテリー」「嬉しくて涙が出たよ」といった感動の声が殺到。「松坂選手、お疲れさまでした」「いつまでも大好きなバッテリー」などのエールも続出している。

引用:「上地雄輔」インスタグラム(@usk_kmj)

関連記事(外部サイト)