松下奈緒、『ドクターX』で米倉涼子と激突 フリーランスのスーパー看護師役で初参戦

松下奈緒、『ドクターX』で米倉涼子と激突 フリーランスのスーパー看護師役で初参戦

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』で初共演を果たす米倉涼子と松下奈緒(C)テレビ朝日

女優の米倉涼子が主演するドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第5話(11月11日放送)に、女優の松下奈緒がゲスト出演することが発表された。フリーランスのスーパー看護師役で、初共演の米倉とスーパーフリーランス対決(?)を展開する。

 最新シリーズでは、100年に一度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が最強の敵として、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)の前に立ちはだかる。

 そんな中、11月11日放送の第5話では、蜂須賀とはまるで違うタイプの手ごわいつわものが未知子の前に出現する。それがナース版・大門未知子ともいうべき、フリーランスのスーパー看護師・那須田灯だ。

 松下が演じる灯は、オペでも医師の指示を待つことなく常に的確な器械を差し出すなど、看護師としての腕は超一流。約10年前に偶然、彼女と一緒に急患のオペをしたことのある未知子も、その能力には一目置くほど。ところが灯ときたら…とにかく愛想が悪くて、患者以外の人間に対しては態度も横柄。あの未知子が「人として問題あり」と言ってしまうほどの“大物”で…。

 そんな灯が第5話で突如「東帝大学病院」に雇われることに。ところが、いつだって完璧に医師をサポートする彼女がオペ看を務め、アメリカ仕込みのスーパー脳外科医・興梠広(要潤)が執刀したオペで、なぜか手術ミスが発覚し…。

 しかも、この一件によって誘発された、あまりにも理不尽な事件をめぐり、未知子と灯が真っ向から激突してしまうことに。孤高のスーパーフリーランス同士でありながらも、医療の世界における立場やバックグラウンドの違いから、異なるポリシーを胸に対立してしまう2人。それぞれの譲れない思い、そして決裂した関係のゆくえとは…。自らの腕と誇りを武器に、どんなときも力強く生き抜いてきた彼女たちが紡ぐ、波乱万丈かつ胸アツの物語が展開される。

 劇中では対立する米倉と松下だが、現場ではすっかり意気投合。「実は私、このドラマのイメージが強すぎて、颯爽と歩く米倉さんを見ると『あっ、大門先生だ!』と思っちゃうんです。大門先生と最初に会ったときは、本当に感激しました!」という松下は、今回の初共演を通して“素の米倉”にも魅入られたそう。「米倉さんは本当にきれいでカッコよくて、お優しくて…! しかも、すごくチャーミングな方なので、撮影合間のおしゃべりも楽しいです」と、声を弾ませる。

 一方、米倉も「主演が多い松下さんがゲスト出演してくださるなんて、ありがたいです。しかも、すごくキリッとした方だと思っていたら、実際はめちゃくちゃお茶目でかわいらしい! 気さくな方なので、お互いに遠慮なく言いたいことも言えるし、お会いできてよかったです」とニッコリ。芝居中は「安定の落ち着き加減」にも感銘を受けたようで、「まだ30代とは思えない、あの落ち着きよう! 私もちょっと欲しいなと思いました(笑)」と、ちゃめっ気たっぷりに話した。

 ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。

関連記事(外部サイト)