ジャズ漫画『BLUE GIANT』2022年アニメ映画化 原作の“音楽”を最高音質で表現

ジャズ漫画『BLUE GIANT』2022年アニメ映画化 原作の“音楽”を最高音質で表現

『BLUE GIANT』原作者・石塚真一描き下ろしイラスト(C)石塚真一/小学館

シリーズ累計770万部を突破した石塚真一によるジャズ漫画『BLUE GIANT』がアニメ映画化され、2022年に全国公開することが決定。併せて、石塚の描き下ろしによる、ライブ直前の高揚感と期待感が伝わってくる特別イラストも解禁された。

 原作漫画は、世界一のジャズプレーヤーを志す少年の物語。ジャズに心を打たれサックスを始めた宮本大は、高校卒業と同時に仙台から上京し、同世代の仲間と出会い全身全霊をかけ演奏に打ち込む日々を送る。2013年から「ビッグコミック」(小学館)にて連載がスタートし、「マンガ大賞2016」で3位に選出、第62回「小学館漫画賞(一般向け部門)」を受賞。さらに第20回「文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」を受賞した。

 初の映像化に際し、さまざまな選択肢がある中、「最大の音量、最高の音質で、主人公本人の奏でる音楽を届けたい」という制作陣の思いから、実写でもなくシリーズでもなく、アニメーション映画としての制作が決定した。

 原作者の石塚は「演奏シーンを描く時は、『音が鳴りますように?』と思いながらペンを走らせていました。それがついに、本当に音が出る映画になる…凄いことです。漫画から音が聞こえるという意見をたくさん頂きました。それはすべて読者のみなさんの豊かな想像力が鳴らしてくれた音楽です。今回、映画化にあたり、凄いメンバーが集まって、皆さんがイメージする音楽、いや、きっとそれ以上の音を作ってくれています」とコメントを寄せた。

 アニメ映画『BLUE GIANT』は、2022年全国公開。

関連記事(外部サイト)