『おかえりモネ』「僕より緊張してらっしゃる?」緊張の百音&菅波に「2人とも可愛い」

『おかえりモネ』「僕より緊張してらっしゃる?」緊張の百音&菅波に「2人とも可愛い」

NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』第117回より(C)NHK

女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の最終週「あなたが思う未来へ」(第116回)が25日に放送。家族へのあいさつのために、百音(清原)の実家を訪ねた菅波(坂口健太郎)。永浦家に足を踏み入れる直前、緊張を隠せない百音と菅波の姿に「2人とも可愛い」「頑張れ!」などの応援の声が届いた。

 百音の家族へあいさつをするため、気仙沼の永浦家を訪れた菅波。緊張の菅波は「極力冷静に振る舞いますが、もし僕が何かおかしなことを口走り始めたら全力で止めてください」と百音に頼むが、「わかりました」と返事をする百音の表情もガチガチだ。そのことに気づいた菅波は「僕より、緊張してらっしゃる?」とやたらと丁寧な口調で質問。百音は緊張で口を真一文字に閉じて、自身を落ち着けせるように深く息を吐くと、「では」(百音)、「行きますか」(菅波)と2人は決意の表情で、出陣するのだった。

 家族へのあいさつという、一大イベントを前に緊張している百音と菅波。この一連のシーンの2人には「菅波先生よりも緊張してらっしゃる様子の百音さん。そしてそれに気づく菅波先生。2人共本当に可愛いな…」「緊張してらっしゃるモネちゃんが可愛すぎる」「『緊張してらっしゃる?』って 頑張れ!お二人!w」など反響の声が相次いだ。

 しかし、そんな緊張の2人を前に耕治(内野聖陽)はまさかの“逃亡”をしていたというオチがついていた。耕治には父・龍己(藤竜也)から「逃げたんだろ…」と痛烈なツッコミが入り、視聴者からも「コージー、逃げるんかいっ〜!!」「一番弱虫なのはコージーだった」といったツッコミの声が上がっていた。

■明日の『おかえりモネ』

 耕治の帰りを待つ間、百音は菅波に、未知(蒔田彩珠)の研究スペースを案内する。そこで2人の仕事について語り合っていると、泥酔した耕治が帰ってきた。「将来を誓い合う2人がする会話か」と文句を言いながらも、いつの間にか百音、菅波、耕治の3人でこれからの仕事について話し合う。そして菅波は改めて自分たちの将来について話す。それを聞いた耕治と亜哉子は…。

関連記事(外部サイト)