大泉洋&柳楽優弥が「芸人だよ、バカヤロー!」 “師弟愛”が込められた『浅草キッド』本予告

大泉洋&柳楽優弥が「芸人だよ、バカヤロー!」 “師弟愛”が込められた『浅草キッド』本予告

Netflix映画『浅草キッド』メインキーアート

俳優の大泉洋と柳楽優弥がダブル主演するNetflix映画『浅草キッド』より、自身の未来を信じて芸に邁進する主人公タケシや、彼に愛情を込めて厳しく接する師匠の姿を収めたエモーショナルな本予告とメインキーアートが解禁された。

 本作は、ビートたけし作詞・作曲による楽曲「浅草キッド」と同名の自叙伝を、劇団ひとりの監督・脚本により実写化した青春映画。昭和40年代の浅草を舞台に、厳しさと愛情にあふれる師匠との日々、個性と才能にあふれる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを、笑いと涙を絡めて描く。大泉が「幻の浅草芸人」と呼ばれた深見千三郎役、柳楽がその弟子のタケシ役で初共演する。

 本予告映像は、深見千三郎(大泉)がヤジを飛ばす客に対し「芸人だよ、バカヤロー!」と凄みを効かせて一喝するところから始まる。深見は自分のコントに惚れ込み弟子入りしてきたタケシ(柳楽)に対し厳しく接するが、それはタケシの持つ才能と努力を認め、深い愛情をもっていることの裏返し。待ち伏せしたかのように現れて「丁度良かった、メシでも行くか?」と誘い「師匠、昨日も同じこと言ってましたよ」と指摘されると、「うるせえなこの野郎!」と思わず照れ隠しをする。

 そんな師匠の元で日々成長する愛弟子に「最近じゃアイツのコントを観るために集まってる客もいるくらいだよ」と目を細める深見。やがて、時代のメインストリームが演芸場からテレビに移り変わり、経営が悪化した浅草フランス座の閉業を勧められても「あいつに全部教えるまでは、ここをたたむわけにはいかねえんだ」と拒否。面と向かって伝えることはなくても、タケシへの惜しみない愛情をにじませる。

 一方、深見の元で芸を磨くタケシも、夢を語り合う仲間である踊り子の千春(門脇麦)に「なれると思ってるの?(萩本)欽ちゃんみたいに」と聞かれると、真っ直ぐに「思ってなきゃやってねえよ」と即答。自身の未来を信じていた。深見の愛妻・麻里(鈴木保奈美)もタケシの芸人としての成長を見守る中、世の中はテレビの時代へと進んでいく。

 ついにフランス座は閑古鳥が鳴くようになり、自らの笑いの実力を確かめたいと思い始めたタケシに、元先輩・キヨシ(土屋伸之/ナイツ)が「タケ、俺と一緒に漫才しない?」ともちかける。そしてタケシはコントに矜持を持っていた深見の猛反対を押し切り、漫才の道へと邁進していくことに。映像の最後には、タケシが「芸人だよ、バカヤロー」とまるで師匠が乗り移ったかのように言い放つ姿で締めくくられている。

 メインキーアートは、深見とタケシがフランス座の真っ赤な幕からひょっこり顔を出し、スポットライトに照らされている姿を切り取ったもの。貫禄あふれる師匠と彼を見上げるタケシの表情が印象的な、二人の絆がにじみ出るビジュアルとなっている。

 Netflix映画『浅草キッド』は、12月9日より全世界独占配信。

関連記事(外部サイト)