『ジョジョ』『七つの大罪』『タイバニ』ほか注目アニメ新情報&PV続々解禁

『ジョジョ』『七つの大罪』『タイバニ』ほか注目アニメ新情報&PV続々解禁

「Netflix Festival Japan 2021」ヒーローアート

Netflixは11月9、10日の2日間、「Netflix Festival Japan 2021」と題し、アニメ作品、日本実写作品、海外作品などのラインナップイベントを開催。9日は、『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』『賭ケグルイ双』『TIGER & BUNNY 2』『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ』をはじめ新作アニメのラインナップとPVが続々解禁された。

 荒木飛呂彦原作の『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ原作第6部で、空条承太郎の娘・空条徐倫が主人公のアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』(12月1日配信)のスペシャルステージ<Road to STONE OCEAN>は、スターダストクルセイダースからストーンオーシャンまでの音楽を担当する菅野祐悟による、この日のために用意したミュージックパフォーマンスからスタート。空条徐倫役のファイルーズあい、エルメェス・コステロ役の田村睦心、フー・ファイターズ役の伊瀬茉莉也と、メインキャスト陣によるスペシャルトークが展開された。

 ネトフリアニメの最新作を紹介するラインナップ発表のコーナーには、スペシャルゲストとして飯豊まりえが登場。「(イベント第一部で)アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』の紹介もあったけれど、『岸部露伴は動かない』の実写で少しお世話になりました。Netflixアニメで観たいなと思った作品はお気に入りに入れたりしているので、個人的に今日は勉強するために来ました!」と興奮した様子で語った。

 『七つの大罪』のスピンオフアニメで、メリオダスの息子トリスタンの新たな物語が前後編に分けて描かれる『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ』(前編2022年配信)はNetflix映画として制作決定。原作・鈴木央の描き下ろしによる新作オリジナルストーリーで、解禁されたティザーPVには砂塵舞う中にトリスタンが躍動する姿が映し出されている。

 津田健次郎はスペシャルトーク「ツダケン タイム」に登場。2022年全世界独占配信のNetflixシリーズ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』で主人公ルシウス役を演じることが発表され、津田が出演するネトフリアニメのキャラクターを集めた特別映像“ツダケンPV”も公開された。

 それぞれのキャラクターの魅力について聞かれた津田は、共通点として「ギャップ」を挙げた。こわもてだけれど優しい龍、悪党だけどポンコツなジョニー、風呂に入っても険しい顔を崩さない真面目なルシウス。他にも多くのキャラクターを演じ分けられるのは津田の演技力があってこそだが、本人は、濃い役を演じることが多く、アウトロー声だからかな、と笑いながら話した。

 今年から来年にかけ配信される主な作品は以下の通り。

 『カウボーイビバップ』(11月19日配信)
 『スーパー・クルックス』(11/25配信)  『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』(12月1日全世界独占先行配信)
 『アグレッシブ烈子』シーズン4(12月16日配信)
 『ULTRAMAN』シーズン2(2022年春配信)
 『コタローは一人暮らし』(2022年春配信)
 『TIGER & BUNNY 2』(2022年4月配信)
 『賭ケグルイ双』(2022年8月配信)
 『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ』(前編2022年配信)
 『スプリガン』(2022年配信)
 『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン2(2022年配信)
 『リラックマと遊園地』(2022年配信)
 『exception』(2022年配信)
 『雨を告げる漂流団地』(2022年配信)

関連記事(外部サイト)