『パリピ孔明』2022年4月TVアニメ化 2人の主人公に置鮎龍太郎&本渡楓

『パリピ孔明』2022年4月TVアニメ化 2人の主人公に置鮎龍太郎&本渡楓

テレビアニメ『パリピ孔明』ティザービジュアル(C)四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会

四葉夕卜・小川亮による漫画『パリピ孔明』(講談社「ヤングマガジン」連載)がテレビアニメ化され、2022年4月から放送されることが決定。併せて、ティザーPVとティザービジュアルが解禁された。

 原作は、三国志の天才軍師・諸葛孔明が渋谷に転生し、そこで出会った駆け出しのアーティスト月見英子の夢をかなえるため、軍師として英子と共に音楽シーンに革新を巻き起こす姿を描いた物語。2020年には「次にくるマンガ大賞」Webマンガ部門「U‐NEXT賞」を受賞した。

 メインキャストとして、諸葛孔明役を置鮎龍太郎、月見英子役を本渡楓が務める。『SHIROBAKO』シリーズや『白い砂のアクアトープ』などオリジナルアニメ作品を中心に手がけてきたP.A.WORKSが、本作で初めて漫画原作のアニメ制作を担当する。

 本作の監督は、アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』『色づく世界の明日から』の演出を務めた本間修。シリーズ構成は『ウマ娘 プリティダービー』シリーズや映画『思い、思われ、ふり、ふられ』などの米内山陽子。キャラクターデザインと総作画監督は、アニメ『SHIROBAKO』シリーズや『サクラクエスト』で総作画監督を手掛けた関口可奈味。

 本渡は「タイトルもそのフォントすらも印象的な今作ですが、孔明と英子の関係性も見逃せません! 爽快なテンポの良さや時代を超えた切ないシーンで心を揺さぶって…と思いきや自然とリズムに乗ってしまうくらいイカした音楽! 歌! どこを切り取っても渋谷の空にキラキラと輝く素敵な作品です!」とコメント。

 置鮎は「三國志ワールドに於いて星の数ほど登場する人物たちの中、まぁまぁの数を演じて来たのですが、実は孔明を担当するのは初めてなんですよ! そこが先ず嬉しく、楽しみで仕方ありません。タイトルにある『パリピ』感がどれ程のものかと思っていたら、『これこそ諸葛孔明の真髄ではないか』というほどの軍師ぶり。万能アイテムは出せませんが、我が主に必勝の策を授けてみせましょう」と意気込みを見せている。

 ティザーPVは、パリピというキーワードに似つかわしくないアコースティックギターの音色から始まり、渋谷に転生してきた諸葛孔明と月見英子の出会いと2人の思いを抒情的に映し出す。関口が描き下ろしたティザービジュアルは、英子の歌に心揺さぶられ、英子のために尽力したいという孔明の思いと、「この出会いで今が変わるの?」という英子の戸惑いと希望が交差する思いをシンボリックに表現している。

 テレビアニメ『パリピ孔明』は、2022年4月より放送。

関連記事(外部サイト)