『シュート!』完全オリジナルで2022年アニメ化 “背番号10”たなびくビジュアル解禁

『シュート!』完全オリジナルで2022年アニメ化 “背番号10”たなびくビジュアル解禁

テレビアニメ『シュート!Goal to the Future』ティザービジュアル(C)2022大島司/シュート!Goal to the Future製作委員会

大島司による累計発行部数5000万部超のサッカー漫画『シュート!』が、『シュート!Goal to the Future』として完全オリジナルで新作アニメ化され、2022年に放送されることが決定。併せて、“伝説の背番号10番”が青空にたなびく、エモーショナルなティザービジュアルが解禁された。

 1990年から2003年までの約13年間、「週刊少年マガジン」に連載された原作漫画は、掛川高校サッカー部が全国優勝を果たす最強のチームへと成長するまでを描いた物語。「伝説の11人抜き」や「サッカー、好きか?」など記憶に残る名シーンも多く、漫画ファンのみならず、プロ・アマの垣根を越え、サッカー選手にもファンが多い。1993年にアニメ化、1994年には講談社漫画賞少年部門を受賞し、同年SMAPを起用した実写映画も公開された。日本だけでなく、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語などさまざまな国・地域で現地語に翻訳・出版され、北米とヨーロッパではアニメも放映された。

 連載終了から19年の時を経て、サッカー界が盛り上がりを見せる2022年FIFAワールドカップに合わせ、完全オリジナルの新作アニメとして復活する。制作は『くまクマ熊ベアー』『アサシンズプライド』などを手掛けたEMTスクエアードに決定。公式ホームページとツイッターも11月17日にオープンした。

 原作者・大島は「新作アニメ化おめでとうございます。原作『シュート!』の続編を、原作者として楽しみにしています」とのコメントを寄せた。

 ティザービジュアルでは、サッカーボールを抱え、こちらを強いまなざしで見つめる本作の主人公・辻秀人と、背中を合わせるようにたたずむスーツ姿の神谷篤司が描かれている。

 ある出来事をきっかけにサッカーから距離を置いていた辻と、元掛川高校サッカー部でキャプテンも務めていた神谷の後ろには、神谷が高校生の頃から引き継がれてきた背番号10番のユニフォームも見ることができる。この10番にはどんな意味が込められているのか、今後の展開に期待が高まるビジュアルとなっている。

 アニメ『シュート!Goal to the Future』は、2022年放送予定。

関連記事(外部サイト)