広瀬アリス、役柄に感情移入しすぎて「心が正直超キツかったわぁ笑」

広瀬アリス、役柄に感情移入しすぎて「心が正直超キツかったわぁ笑」

広瀬アリス クランクイン!

俳優の窪田正孝が主演を務めるドラマ『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が22日に放送され、広瀬アリス演じる放射線技師・裕乃の言葉に、視聴者からの共感の声が寄せられた。放送後、広瀬自身も「説得力あったでしょ?笑」とツイート。撮影中の心情もつづった。

 放射線技師の裕乃の元へ、高校時代の担任だった教師の熊田(おかやまはじめ)が女子高生の乃愛(吉川愛)を連れてくる。乃愛は、3ヵ月ほど前から急にふらつくようになったとのこと。検査を受けようとする乃愛に唯織(窪田)は“ウイッグなどは付けていないか”と指摘。実はウイッグを付けていた乃愛が仕方なくそれを外すと、なんと彼女の髪は白髪交じりのグレーヘアだった。

 検査の結果、乃愛は栄養不足による骨粗鬆症だと診断される。そして裕乃は、乃愛からアイドルのオーディションを受けるために過度のダイエットをしていることや1つ歳下の妹と比較されてSNS上で“妹の劣化版”などと揶揄(やゆ)されていることを明かされる。

 その後、放射線科のカンファレンスで手術痕を気にしている患者の話題が上がると、技師たちは口々に“見た目よりも健康が第一”と主張。そんな中、裕乃は「本当にそう思ってますか?」と口を開くと「結局みんなきれいな人が好きじゃないですか?」と語る。さらに裕乃は、過度なダイエットは健康に良くないと理解しつつも、乃愛に注意できなかったことを告白し「人ってすぐに比べるじゃないですか…負けてる方は、どんどん自分に自信をなくして、劣等感を抱いて…だから少しでもやせてきれいになって、自分に自信をつけたい気持ち、わかるから…」と乃愛への共感を打ち明ける。

 この裕乃の言葉に、ネット上には「今回取り扱ってる問題リアルすぎるし共感しかない」「ほんとこの日本の痩せてなきゃ綺麗じゃない文化きつい」などの声や「広瀬さんが言うからめっちゃ刺さる」「広瀬アリスさんとリンクしそうな話だな」「ほんまにアリスちゃんの言う通り」といったコメントも相次いだ。

 第8話は裕乃が乃愛の心身の健康のために献身的にサポートしていく姿が描かれた。放送後、裕乃役の広瀬はツイッターを更新し「説得力あったでしょ?笑」とコメント。さらに「妹に劣等感持って極端なダイエットして体調崩す乃愛ちゃん。あははっ昔の私だー」とつづると「感情移入し過ぎて8話の撮影期間、心が正直超キツかったわぁ笑」と告白。広瀬アリスの妹は、女優の広瀬すず。「今の私は大丈夫だからね、しっかり受け入れて楽しく生きてます」と投稿を締めくくっていた。

引用:「広瀬アリス」ツイッター(@Alice1211_Mg)

関連記事(外部サイト)