『キングスマン:ファースト・エージェント』キャラポス5種&特別動画解禁

『キングスマン:ファースト・エージェント』キャラポス5種&特別動画解禁

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』キャラクターポスター(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

世界興行収入900億円超えを記録したスパイアクション映画『キングスマン』シリーズの最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』より、キャラクターポスター5種と、秘密結社“キングスマン”の誕生を支えた4人のキャラクターにフォーカスした特別動画が解禁された。

 スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げてきた人気シリーズ第3作となる本作。表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最強のスパイ組織“キングスマン”の、歴史の裏に隠された秘密結社の誕生秘話が明かされる。

 今回解禁された5種のキャラクターポスターは、オックスフォード公(レイフ・ファインズ)、コンラッド(ハリス・ディキンソン)、ポリー(ジェマ・アータートン)、ショーラ(ジャイモン・フンスー)、ラスプーチン(リス・エヴァンス)の5人をそれぞれ捉えたもの。

 主人公オックスフォード公は、一度は決して人を傷つけないと誓った、平和主義のイギリス名門貴族。愛する息子コンラッドが戦地へ赴くことに強く反対するが、自身は世界大戦を止めるために諜報網や戦闘力を駆使して、人知れず闇の狂団と戦う。スパイ組織“キングスマン”の礎を築き、やがて息子もその世界へ誘うことになる人物だ。

 コンラッドは、幼き頃に母を亡くし、父と執事たちに愛情をこめて育てられた青年。国を憂い、戦地に行くことが自分の使命と信じていたが父オックスフォード公に反対されてしまう。そんな父に反発しながらも、共に“キングスマン”への道を歩んでいく。

 ポリーは、オックスフォード家に仕える家庭教師でコンラッドの世話役だが、まるで家の主人であるかのように発言し存在感を放つ。射撃の腕はピカイチで、オックスフォード公&コンラッドと共にキングスマンを支える重要な仲間だ。

 ショーラは、オックスフォード家に仕える執事。オックスフォード公とは主従の関係にありながらも友情関係にある。かつてアフリカの兵士であったことから、オックスフォード公の右腕としてナイフを武器に果敢に戦う。

 ラスプーチンは、闇の狂団からロシアに送り込まれた不死身の怪僧。人智を超えた戦闘能力&生命力を誇る。ロシア皇帝の家族にまで取り入り、戦争遂行の実権を握るほどの影響力を持つ。

 特別映像は、“キングスマン”の礎を築いた、オックスフォード公(レイフ)、コンラッド(ハリス)、ポリー(ジェマ)、ショーラ(ジャイモン)の4人が華麗に活躍する姿を収めたものとなっている。

 映画『キングスマン:ファースト・エージェント』は12月24日より全国公開。

関連記事(外部サイト)