ジョニー・デップVSアンバー・ハード、泥沼離婚劇がドキュメンタリーに

ジョニー・デップVSアンバー・ハード、泥沼離婚劇がドキュメンタリーに

ジョニー・デップVSアンバー・ハード、泥沼離婚劇がドキュメンタリーに(C)AFLO

泥沼の裁判を繰り広げているジョニー・デップとアンバー・ハード。二人の離婚劇を題材にしたドキュメンタリー番組『Johnny vs. Amber(原題)』が製作されることになった。

 Deadlineによると、『Johnny vs. Amber』はDiscovery+が手掛ける2話構成のドキュメンタリー。二人の結婚生活の破綻を、ジョニーとアンバー、それぞれの視点で描くという。

 1話目は、ジョニー側から描かれ、自分のイメージを守るためなら手段を選ばない嘘つきであるアンバーとの結婚生活に、彼がどのように感じていたかが語られる。続く2話目は、アンバーの視点によるもので、夢の男性と結婚したはずが、実はドラッグに支配された暴力的なモンスターだったという事が明かされる。

 番組では、双方の弁護士や関係者からのインタビューが取り上げられ、多くの映像や音声記録で構成されるそうだ。

 エグゼクティブプロデューサーを務めるのは、ニック・ホーンビィとフラン・ベイカー、そしてDiscoveryのマット・リード。ホーンビィは「裁判で明らかになった音声やホームビデオ、メールを通して、悲劇的に破綻してしまった結婚生活に関する希少で大切な見識を提示し、ドメスティックバイオレンスという大変重要な問題を理解する助けになる作品です」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)