『二月の勝者』第8話 “黒木”柳楽優弥、倒れる “弘”金子貴俊の家庭はバラバラに

『二月の勝者』第8話 “黒木”柳楽優弥、倒れる “弘”金子貴俊の家庭はバラバラに

ドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第8話場面写真(C)高瀬志帆/小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中 (C)日本テレビ

俳優の柳楽優弥が主演を務め、女優の井上真央、NEWSの加藤シゲアキが共演するドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』(日本テレビ系/毎週土曜22時)第8話が今夜放送。第8話では、生徒の島津順(羽村仁成)の家庭で離婚騒動が勃発。一方、黒木(柳楽)は激務がたたり校長室で倒れる。

 激しい物音と悲鳴の後、突然切れてしまったΩクラスの生徒・順の母・優子(遠藤久美子)の電話。ただ事じゃない様子に、黒木と佐倉(井上)は桜花を飛び出して島津家へ駆けつけると、家の前にパトカーが数台停まっていた。家の中は家具や調度品が散乱していて、その中にただ1人座り込む父・弘(金子貴俊)の姿があった。

 弘が言うには順と優子は家を出て行ったと…。その後、順を連れて桜花を訪れた優子。黒木はとにかく優子を落ち着かせようとするが、優子は弘との離婚を口にする。中学受験どころではなくなってしまう島津家。優子は順と一緒にしばらくの間実家で過ごすことを決め、その間順は塾を休むことに。

 一方、桜花では生徒の保護者面談が行われ、各家庭の希望や事情に合わせて常に完璧なプランを提案する黒木。それに加えて校長の業務や無料塾・スターフィッシュの運営も抱えている黒木は、連日人知れず夜遅くまで仕事を続ける。そんなある日、佐倉は校長室で倒れている黒木を発見する。抱き起そうとする佐倉だったが、黒木はその手を振り払う。そして黒木からある任務を託されるのだった。黒木を放っておけない佐倉は、思わず灰谷純(加藤)を頼って連絡をする。

 後日、桜花を訪れた順は、受験を辞める決意をしたという。しかし、順の本当の気持ちを見抜いている黒木は、優子と順にある提案をする。

 土曜ドラマ『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』第8話は、日本テレビ系にて12月4日22時放送。

関連記事(外部サイト)