トランスジェンダー公表のエリオット・ペイジ、ムキムキの逞しいセルフィーを公開

トランスジェンダー公表のエリオット・ペイジ、ムキムキの逞しいセルフィーを公開

エリオット・ペイジ、ムキムキセルフィーを公開(C)Zeta Image

映画『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞にノミネートされ、Netflixドラマ『アンブレラ・アカデミー』などに出演し、トランスジェンダーであることを公表しているエリオット・ペイジ。自身のインスタグラムに、見事に腹筋の割れた逞しいミラーセルフィーを投稿した。

 エリオットは、昨年12月にツイッターでトランスジェンダーであることを公表。エレン・ペイジからエリオット・ペイジに改名し、自身を指す代名詞を、男性を表す「He」、もしくはジェンダーニュートラルな「They」とすると発表した。今年3月には、TIME誌の特集の中で、乳房切除術を受けたことを告白している。

 今回エリオットは、「新しいスマホは機能がいいね」とキャプションを付けて、上半身裸で鏡に写る、自身の写真をインスタグラムに公開した。逞しく鍛え上げられたボディに、黒のスウェットパンツ姿で、ポケットに手を入れて堂々とポーズを取っている。

 この投稿に、セレブやファンから反応が寄せられている。エリオットと一緒にドキュメンタリーシリーズ『Gaycation(原題)』を手掛ける映画監督のイアン・ダニエルは、「衝撃的なセクシーさで携帯を壊しそうだね」とコメント。『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』で共演したジュリアン・ムーアからも、「OMG」と火の絵文字が寄せられた。このほか、トミー・ドーフマンやオークワフィナ、MJ・ロドリゲスなど、セレブの友人からコメントが相次いで寄せられている。

引用:「エリオット・ペイジ」インスタグラム(@elliotpage)

関連記事(外部サイト)