大泉洋、劇団ひとりと再タッグに自信「劇団ひとりを嫌っても『浅草キッド』は嫌わないで」

大泉洋、劇団ひとりと再タッグに自信「劇団ひとりを嫌っても『浅草キッド』は嫌わないで」

Netflix映画『浅草キッド』配信記念イベントに登場した大泉洋 クランクイン!

俳優の大泉洋、柳楽優弥、門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美、劇団ひとり監督が7日、都内で開催されたNetflix映画『浅草キッド』配信記念イベントに出席。大泉は「劇団ひとりはダメな男ですけど、この作品は素晴らしいと思います! 劇団ひとりを嫌っても『浅草キッド』は嫌わないでください!」と呼びかけた。

 ビートたけしの自叙伝を映像化した本作は、昭和40年代の東京・浅草を舞台に、大学を辞めてフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシ(柳楽)が、師匠である深見千三郎(大泉)や仲間たちと過ごした青春の日々を描く。この日は塙宣之(ナイツ)、小熊美香がMCを務め、ナイツは冒頭の漫才で会場を大いに盛り上げた。

 柳楽は「エンターテイメントとしても、ヒューマンとしての心理描写も丁寧に描かれているし、もう見どころ満載ですので、純粋に楽しんでいただけたらうれしいです。ぜひご覧ください!」と本作の仕上がりに笑顔を見せた。

 一方の大泉は、『青天の霹靂』でもタッグを組んだ劇団ひとり監督とお互いをいじり合いながら「このようなやり取りを、ずっと監督としているものですから、本当にこの人を褒めるのは悔しくて仕方ないんですけど、劇団ひとりの才能があふれ倒している作品だと思います」と明言。

 続けて大泉は「今日このステージに立っている我々役者陣は、本当に胸を張って『こんな素晴らしい作品はない』と思える作品だと思います…。劇団ひとりはダメな男ですけど、この作品は素晴らしいと思います! 劇団ひとりを嫌っても『浅草キッド』は嫌わないでください! よろしくお願いします!」と呼びかけて会場を沸かせた。

 これを受けた劇団ひとり監督は「いま大泉さんがおっしゃったとおり、僕はすごい男なんですよね」とジョークを飛ばし、これに大泉は「やめなって(笑)!」とすかさず突っ込み。改めてマイクを握った劇団ひとり監督は「もう本当にみんなが素晴らしくって。理想の『浅草キッド』ができあがったなと思います」とキャストに対する感謝の気持ちを明かした。

 Netflix映画『浅草キッド』は、Netflixにて12月9日全世界独占配信。

関連記事(外部サイト)