井浦新、『最愛』“加瀬キュン”は自ら考案「視聴者の皆さんと一緒に物語を楽しんでいる」

井浦新、『最愛』“加瀬キュン”は自ら考案「視聴者の皆さんと一緒に物語を楽しんでいる」

金曜ドラマ『最愛』に出演する井浦新(C)TBS

吉高由里子主演の『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)で、主人公の真田梨央(吉高)をあらゆる手段で守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎を演じている井浦新。その底抜けな包容力に、SNS上では“加瀬さん”人気が高まっている。10日に放送される第9話を含めて残り2話となった本作。井浦に話を聞くと、共演で感じた吉高や松下洸平への思い、演じる加瀬について、終盤に向けての見どころを明かしてくれた。

◆1話からブレない「梨央に優しく寄り添う」というキーワード

 『アンナチュラル』『MIU404』(共にTBS系)の新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督が再タッグを組んだ本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家の梨央と、梨央の初恋の相手で事件の真相を追う刑事・大輝(松下)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬の3人を中心に描くラブサスペンス。梨央が15年前と現在に起きた2つの殺人事件に翻弄される様をオリジナルで描き、SNS上では考察が盛り上がっている。

 加瀬は、梨央が社長を務める「真田ウェルネス」の法務部に所属する弁護士。頭の回転が早く論理的だが、どこか不器用な面も持ちつつ、あらゆる手段を使って梨央をフォローし守る存在だ。井浦は、加瀬についてクランクイン前から新井プロデューサーや塚原監督と話して「梨央に優しく寄り添うっていうのはブレないように設定してました」と打ち明け、「加瀬は大輝とは見事に対極なキャラクター像ですね。大輝は誰かを思うことに対して、不器用ながらも内側から表に出していくけど、加瀬は内側にあるものを表に出していくタイプではなくて。ただ、梨央の目標や夢を支えて、梨央の見ようとしている景色を一緒に見たいという思いが強く、良くも悪くもシンプルなマインドの人物だと、1話からブレずに演じてきたので確信しました」と、加瀬についての気付きを明かす。

 劇中では、登場人物がそれぞれの“最愛”のために行動していく様が色濃く描かれているが、「加瀬の“最愛”も回を重ねるごとに核心になっていて、ずっと変わらない」と言及。加瀬は、15年以上、仕事もプライベートも支える梨央をはじめ、梓(薬師丸ひろ子)や政信(奥野瑛太)など真田家を支えており、「3話の始まりのナレーションで言っていますけど、加瀬にとって家族の形は、血が繋がっているかどうかではなく、それを越えたところにあって。そういう最愛の形がだんだんと明確になってきて、それ以外は本当にないんですよね。加瀬の“最愛”の形は、もしかしたら多くの人たちが持っているもので、登場人物の中で一番普通な“最愛”の形だと思いますね」と自身の考えを語る。

 また、「『梨央に優しく寄り添い続ける』というキーワードを大切にしすぎると、役の輪郭がイメージしたものになりかねないので、塚原監督と役の輪郭を押し広げるようにしていました」と役作りについても告白。加瀬の描かれていないプライベートを考え、言葉遣い、真田家への対応などさまざまなところを意識していたそうで、「さじ加減は塚原さんたちがコントロールしてくれるので、僕はとにかく伸び伸びと、加瀬がイメージの中にはまらないように、けどやりすぎないようなギリギリのラインを探っていくのは、加瀬を演じる上で楽しかったところでもあります」と充実した表情で打ち明けた。

◆“加瀬キュン”は僕が勝手に作った

 7話の加瀬がホームセンターでよろけた梨央の荷物を持ったのはアドリブだと明かされ、SNSでは「井浦の地が加瀬じゃないか」と話題に。そのことを投げかけると、「地が加瀬の井浦新と申します。加瀬に関しては、お芝居していないです。ドキュメンタリーです」とドヤ顔で語り、笑いを誘う。

 また、SNSでは“加瀬キュン”というワードも話題になっているが、井浦は「“加瀬キュン”は僕が勝手に作ったんです」と苦笑いし、「新井さんがインタビューで『このドラマは“ジリキュン”だよね』と話していて、面白いと思ったんです。でも埋もれていたので、僕がSNSでいじり始めて。流れで“キュン”をいろんなものに適当に付けていたら、ありがたいことに視聴者の人たちが拾ってくれたんです」と感謝。

 先日は自身のインスタグラムで吉高との密着ショットを「ごめんね大ちゃん」とコメントをつけてアップ。それに、松下が大輝としてコメントを返し、ファンが沸いていたが、「この作品は、完成した映像が毎回台本を超えて来るので、僕も視聴者の皆さんと一緒に物語を楽しんでいて。そのフレッシュな気持ちをそのままSNSに乗せてしまうと、変な言葉が出てきてしまったりするんです」と苦笑いしつつ、「場外乱闘と言っていいのかな。物語とは全然リンクはしていないやり取りとか、そういうの全部ひっくるめて楽しんでもらえるのは本当にありがたいです」と感慨深い様子でコメントした。

◆大輝と加瀬の芝居のフレッシュさは松下洸平のおかげ

 さらに、井浦は松下と吉高についても言及。今作が初共演となる松下は、梨央へのそれぞれの寄り添い方や守り方からぶつかっていく役柄だが、「1話から5話までは、加瀬と大輝がバチっとするシーンが必ずあって、どんな形で火花を散らすのか、それを洸平くんと一緒に楽しみながらどういう芝居ができるのか楽しみにしていて。初共演は1回限り。お互い手の打ちが読めない中で、しかも対峙する役柄だったので、本当に楽しんで大切にしたいという思いが1番強い人でした」と告白。

 そんな思いに松下も応えてくれたそうで、「僕が考えていた大輝のセリフの読み方と、洸平くんはどれにも当てはまらないものを必ず本番に落としてくるんです。洸平くんの体の中に流れてるリズムが、きっと個性的なんですよね。それで狂わされた加瀬のリズムを戻すために、自分の中でエンジンがどんどん回転するんです。洸平くんとの芝居は本当に楽しいし、俳優としても素敵だなと思います」と松下の芝居を絶賛。また、「SNSでバチバチフレッシュという意味の“バチフレ”という、自分のために残していた言葉があるんですけど、大輝と加瀬の芝居の間合いや空気感がいまだにフレッシュでいられるのは、洸平くんのおかげです」と目を細めながら話していた。

◆大きく膨れ上がる吉高由里子への尊敬の念

 一方、吉高については「新井Pをはじめ現場にいるさまざまなスタッフが、吉高さんのことを『天才』と言いますが、僕は『天才』だと思っていなくて」と言い、「『天才』という一言でくくれるタイプではなく、それを形容する言葉がないから、『天才』と言わざるを得ないのかなと思うんです。彼女は不器用だからこそ努力を惜しまないし、その場のリズムや流れてる空気感と彼女の中に流れているリズムを最大限に自然に活かすことにすごく長けた人で。自然なお芝居をしているのではなく、どんな時でも肩の力を抜いていて、役と本人を同化させることができるタイプの女優。それは誰でもできることではなく、天才だからできるわけでもないと思っていて。彼女が持っているものは素晴らしいものだと思う」と熱くコメント。

 初めての共演は、吉高が19歳、井浦が31歳だったが、「彼女も僕も人間としてとても未熟だった時に会ってますが、そんな未熟者同士だった2人が10数年経って、お互いに言葉にしないものの『まだまだ未熟者だね』と感じとれてしまうのが気恥ずかしいんです。でも、そういう気恥ずかしさや出会って十数年の背景が、梨央と加瀬にも温められて。だから、彼女のことを自然に見つめられるし、芝居のスイッチを入れた状態でも、お互い力を抜いた状態でも向き合っていられる。そういう状態で、梨央と加瀬というそれぞれの役柄と関係をどこまで作り上げていけるのか楽しみですね」と言い、「僕にとって、吉高さんは稀有な存在。今回、吉高由里子として背負ってきたものを感じることが大きく、自分の中でびっくりするくらい、彼女に対して尊敬の念が大きく膨れ上がりました」と語っていた。

◆『最愛』の醍醐味は犯人捜しを凌駕してくるヒューマンドラマ

 先週放送された8話のラストでは、加瀬に犯人フラグが立ったが、井浦は「まだ9話と10話があるので、そう簡単に犯人フラグを立たせてたまるかと思ってます」とニヤリ。また、「梓社長や大輝の幼なじみの藤井(岡山天音)も怪しいですけど、僕の中では大輝犯人説があって。加瀬もだいぶいい人ですけど、ああいう不器用で、みんなにキュンとされてる人物が実は悪い奴なんじゃないかなと思ってます」と爆弾発言をし、「犯人捜しの部分は、まだまだ楽しんでほしいです」とアピール。

 さらに、「この作品の醍醐味は、犯人探しを凌駕してくるヒューマンドラマ」と熱く断言し、「8話まで積み重ねてきたそれぞれの“最愛”がどうなっていくのか、人間ドラマは残り2話、さらに加速していくので、犯人捜し以上にキャラクターたちの“最愛”の物語を楽しんでいただけると思います」と真摯な表情。加瀬は自身の“最愛”のためにどんな行動を取るのか――。“加瀬キュン”しながら楽しみたい。(取材・文:高山美穂)

 金曜ドラマ『最愛』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

関連記事(外部サイト)