『最愛』考察さらにヒートアップ! 最終回前に“3つの未解決の謎”を総ざらい

『最愛』考察さらにヒートアップ! 最終回前に“3つの未解決の謎”を総ざらい

『最愛』吉高由里子×松下洸平×井浦新を襲う運命の行方は?(C)TBS

吉高由里子が主演を務め、松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)が17日についに最終回を迎える。その放送を前に、いまだドラマ内で未解決なままの3つの謎について、ネット上で飛び交う考察も交えながらポイントを整理していこう。

【ポイントその1】15年前の死体遺棄事件には共犯者がいた?

 15年にわたる壮大なミステリーの発端は、2006年に失踪し、2021年に富山で白骨遺体となって発見された大学院生・渡辺康介(朝井大智)を巡る事件だ。物語が進む中で、康介が複数の女性を暴行していたことやヒロインの梨央(吉高)もその被害に遭っていたことが判明。さらに2006年当時は小学生だった優(柊木陽太)が康介をペグで刺してしまったことも描かれ、第5話では梨央と優の父親・達雄(光石研)が亡くなった康介の遺体を遺棄したことを話す“自白映像”も発見される。

 第5話の終盤では、生前の達雄が残していた自白映像の証言を回想シーンとして映像化。台風の中で戻ってきた達雄は、意識を失っている梨央と彼女に重なるように血を流して倒れている康介の姿を目撃。そして恐怖に怯える優を抱きしめながら叫び声を上げる達雄の後ろ姿がスローモーションで映し出される。達雄の後ろ姿からカットが切り替わるまでの数秒間、画面の右端に人影のようなものが写っている。そのためネット上には達雄の死体遺棄に共犯者が存在するという考察がまことしやかに語られるようになった。

 死体遺棄の共犯者としてネット上で名前が挙がっているのが、大学卒業後、富山県警に就職し、2021年の時点では刑事となっている藤井隼人(岡山天音)。藤井は、達雄が寮夫を務めていた白山大学陸上部に所属。さらに大輝(松下洸平)と同様に、学生時代は梨央や優、達雄とも親交が深かったのもポイント。また康介の死体が遺棄された富山の県警に就職している点も見逃せない。

 しかし10日放送の第9話ラストで、藤井が大輝に「15年前、あの台風の夜。本当は事件の現場におりましたよね?」と詰問したことから状況は一変。ネット上ではにわかに大輝共犯説もささやかれる事態に。ちなみに“15年前、あの台風の夜”に大輝は、姉の結婚式に出席していたはず…。ネットでは、共犯者と目される人物が左利きだと考察する声もあり(大輝も左利き)、大ちゃん沼からは悲鳴に近い反響も起こっている。すべての始まりとなったこの事件の真相を巡る考察はヒートアップする一方だ。

【ポイントその2】渡辺昭は他殺か事故か? 赤いペンを巡り怪しい人物が続出

 2006年に姿を消した康介の行方を追っていたのが彼の父・昭(酒向芳)だ。昭は康介の失踪直後から警察に通報するより先に独自の捜査を開始。大輝や藤井が在籍していた大学で聞き込みをしたり、陸上部の寮に姿を見せて当時高校生だった梨央にも康介の行方を問い詰めている。

 そんな昭は2021年、康介の白骨遺体が発見されたのとほぼ同時期に、都内の芝池公園内の西側の池から遺体となって発見される。劇中では事件当日に付近の防犯カメラに映っていた梨央の弟・優(高橋文哉)が重要参考人として浮上。第5話のラストで優は警察に身柄を押さえられ、第6話では事情聴取に応じることに。そこで明らかになったのは、芝池公園内でトラブルが発生し優が昭の首を絞めてしまったことと、首を絞められた昭が公園の東側の池に転落したこと。また第6話の後半では目撃者が登場したことから、昭が息を吹き返し、転落した東側の池から地上に這い上がってきたことも判明。そのため傷害致死の疑いで逮捕された優は、不起訴処分となり釈放されるのだった。

 優の起訴は免れたものの、謎は残されている。昭の遺体が発見されたのは公園西側の池。また発見された昭の遺体には、頸部に圧迫痕があり、後頭部には挫創が残されている。頸部の圧迫痕は優のつけたものとして、後頭部の挫創が意味するものは何か? そして息を吹き返し東側の池から這い出した昭を西側の池に沈めたのは一体誰か? この謎について考える上で見逃せないのは、西側の池から遺体と共に発見された“赤いペン”。この赤いペンは、梨央の母で真田ホールディングス社長の梓(薬師丸ひろ子)が作らせた特注品で、この世に5本しか存在しない。第8話の終盤では、赤いペンの持ち主が明らかになり、その中に加瀬(井浦新)がいたことから加瀬犯人説が浮上したものの、第9話では加瀬がペンを現在も手元に持っていることが明らかに。しかしペンを作った張本人で所有者の1人だった梓がペンを紛失していることが判明。さらに梓には事件当日のアリバイがないことも発覚したことから、この事件に梓が関わっているという疑惑はなかなか拭いされない。

 一方、第9話では、そんな梓と富山県警の藤井が接触を図っていた可能性を示唆する描写も。これまで接点がなかったはずの梓と藤井にどんな繋がりがあるのかも最終回の注目ポイントだ。

【ポイントその3】芝池と池尻は繋がっている? しおりの死の真相

 第1話から登場し、梨央の周辺や真田グループの闇を追い続けていたのが、フリーライターの橘しおり(田中みな実)。第6話のラストでは、しおりが渡辺康介による連続暴行事件の被害者だったことが明かされ、さらに第7話では梨央が社長を務める真田ウェルネスの寄附金詐欺を追求する姿が描かれた。しかし第7話のラストでしおりは都内・池尻の雑居ビルから転落し死亡するという衝撃的な展開を迎える。

 第7話までは昭を殺した犯人の有力候補だったしおり。やるせないことにそんな彼女の事件当時のアリバイが第8話で明かされることに。このドラマのもう1人のヒロインとも言える彼女の死は、劇中で展開する警察の捜査同様、視聴者の間でも自殺説と他殺説がささやかれている。

 転落したしおりが発見された現場には、争った形跡はなく、遺体にも薬物・毒物の検出はなし。この状況から自殺と判断することも可能だが、しおりは取材を通して、寄附金詐欺という真田グループのダークサイドに触れている。当初は寄附金詐欺を実行した後藤(及川光博)が手を下したという考察も多かったが、新聞記者時代のしおりと接点があった梓の可能性も浮上。第9話ではしおりの事件の日も梓のアリバイがないことも明らかになったことで疑惑の目が一気に梓に注がれる状況になっている。

 放送も残り最終回1話のみを残す状態で、『最愛』3大未解決事件の真相はいまだ謎のまま…。YouTubeやツイッターには、ここでは紹介しきれなかった考察が無数にある状況で、改めてこのドラマの注目度や期待値が高いことを思い知らされる。ネット上の考察を見ながら最終回へのボルテージを高めるもよし! 第1話から見直して独自の推理をするのもよし! いずれにしても万全の体制で最終回を迎えて、梨央や優、加瀬、大輝たちを待ち受ける衝撃の結末を目撃しよう。(文:スズキヒロシ)

関連記事(外部サイト)